おとしだま

ジャニーズ初心者のブログ

2020入った現場 見た配信 入りたかった現場

2/11

Endless SHOCK @帝国劇場

20周年を迎えたSHOCKはまさかの自チケゼロだった。が、今年のライバルとはつゆ知らず2019のチケットを譲った上田担から誘っていただいた。1年越しのリターン。担当に似て律儀である。

本来であれば2020現場スタートは友人が当ててくれたジャニアイになるはずだった。が、よくよく考えたらSHOCK一般と日程がかぶっていたので有り難い申し出を断ってしまった。にもかかわらずSHOCKは取れなかった。こんなことならジャニアイ行っとけばよかったなーと思ったが、後に誘ってくれた友人は日々ひそかに可愛い可愛いと愛でている川﨑皇輝くんのステフォをお土産にくれた。ラブである。周囲はそうでもなかったが私はこの頃からマスク観劇していた(ドヤァ

 

 

2/15

Endless SHOCK @帝国劇場

4日後、わたしは再び帝国劇場へ。(※大阪府在住) 同僚の親戚がSHOCK好きで行く予定だったのだが、家族の事情などもありこのご時世に劇場へ行くのは不安、ということでまさかの方向からチケットをお譲りいただいた。久しぶりの帝劇2階。初めてSHOCKを見たのが2階席で、ラダーフライングで本当に2階へやってきたときの感動が忘れられず「2階ですみません」という同僚にいかに自分が帝劇の2階に入りたかったのかを熱弁したら若干ひかれた。

以降、2月26日の公演が帝劇ラストSHOCKとなった。

 

 

3/9

ふぉ~ゆ~×ふぉ~ゆ~ @ISLAND TV

放送時間確か4時間、お値段確か200円、さすがにどうかしている通称ふぉゆふぉゆ。4人のトークと、途中からゲストを迎えてトークやらゲームやら。ふぉ~ゆ~を自由にさせるとこんなに面白いんだなぁ。別プラットフォームでやっている彼らの配信があまり面白くないので(運営のせい:私調べ)ふぉゆふぉゆを見てとてもとても嬉しくなった。またやってほしい配信ナンバーワン。ゲストに気づかれないようにメンバー同士でキスする(本当に)という今思えばヤバヤバにやばで笑えない企画があったのだが、そういえば当時は特に疑問を持たず爆笑してたな。その頃の雰囲気ってそんな感じだったっけ?年内の出来事なのにこんなに価値観が変わるものかと不思議である。何事もなくてよかった。

 

 

3/20 Endless SHOCK @帝国劇場(公演中止)

3/27 Endless SHOCK @帝国劇場(公演中止)

誘ってもらっていた分。3/20は公演再開予定だったが、当日に中止が発表された。ホッとした、というのが正直なところであった。誘ってくれた友達が前日に発熱。私だけでも行くようにと言ってもらったものの、色々考え断念することに。昼前に当日の公演中止が発表されたのだが、もし自分だけでも行くことにしていたら何もない日比谷で己の軽率な行動を反省しながら彷徨っていたかもしれない。突然の中止に至った理由として暗に遠くから移動してこないでくれというメッセージ入っていた気がして、軽率…ではないが、覚悟を決めて遠征しようとしていた自分に大反省。以降よりいっそう気合の入った自粛生活へ。ちなみに友人はその後回復。ノーマルな風邪だった模様でほっとした。

去年のSHOCKは3月のチケットしか持っていなかったから、未曽有の大災害は無いにしても自身の生活の都合とか何かしら観劇できない可能性はある。リスク分散の大切さを学んだ。

 

 

3/30

Johnny's World Happy  LIVE with YOU @Johnny's net オンライン

無料配信。正直あんまり記憶がないんだけどいきなり誰も知らない新曲をぶちこんできて「!?」となった。いや正確にはわたくしは不良ジャニヲタゆえ「知らない曲だーまだ聴いてないカップリングかなー?」とのほほんと構えていたら勤勉なえび担ですら「突然ぶっこまれた謎の新曲」と評していたので説明なさすぎて笑った。えびのそういうところ嫌いじゃないよ。

 

 

4/17 イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1~ @COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(公演中止)

4/19 イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1~ @COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(公演中止)

誰もこんなクソ長文章読んでないと思うから今年も思ってたこと素直に書くぞ。某氏がアレコレソレで自担に白羽の矢が立ったやつ。正直行きたくなかったので中止のお知らせを聞いて喜んでしまった。はっきり言って2枚ともいわゆる神席だったが、それでも行きたくなかった。行きたくないのに2回行く予定だったのはエンディングが2パターンあったから。この時点でもうイヤ。たとえ自担がほぼ徹夜で台本を覚えていたとしても、そんな時に頼られる自担ってスーパーヒーローじゃん!と己を鼓舞しても、モチベーションは全く上がらなかった。見たいものは見たいし見たくないものは見たくないんだな。だってとにかく趣味じゃない。今までどう考えても面白くないだろコレ…と思った現場(モ○イキとか)は干してきたが、ますますその考えが強固になった。次回あっても申し込まない。すまんな。

ちなみに公演中止発表直前にメインビジュアルを誤爆披露したのはわざとだったのでは?と思っている。ゆうすけくんのファーストコンタクト(レンズ)すら見られないところであった。あれは大変GJだったので、案外良い運営なのかもしれない。

 

 

5/23 THE BOY FROM OZ @オリックス劇場(公演中止)

これはすんごく行きたかったやつ。公演内容が面白そうなのと、メインビジュアルの坂本くんが格好良かったのと、2020年のSHOCKを見て寺西くんの演技が格段に良くなっていた気がして。前回(12年前!)から共演している方は口をそろえて「この作品は特別」と言っており、とんでもないものが見れる予感にワクワクしていたが、チケットさえ手元に来なかった。すべてが治まりまたこのプロジェクトが再始動しますように。絶対に行きます。

 

 

 

6/19

Johnny's World Happy  LIVE with YOU @Johnny's net オンライン

またしても誰も知らない新曲をぶちこんでくるA.B.C-Zワロタ。突然自担に「タオル持ってきてー!」と言われタンスまで走った。あとやっぱアキヅキが印象に残ってるんだけど、イントロが始まってもどうせ1番だけなんでしょ(塚ちゃんのパートは2番)ってふてくされていたら2番が始まってエ、エ、エーーーーーーー!って泣いた。本当にありがたかった。

いつか消えて無くなってしまうかもしれないそれは今年かもしれないとどこか常に心の隅にあって、でもこの配信を見て「ああアルバムとツアーは本当にあったんだな」と安心した。

 

 

8/8

Summer Paradise 松倉海斗@Johnny's net オンライン

バックの少年忍者目当てで買ったら松倉海斗くんはダンスに加え歌唱力とギャグセンが非常に高いと知ることに。歌も上手かったしトーク部分ネタ部分面白すぎた。松倉海斗くんはSHOCKでしか知らないからカンパニーの末っ子まちゅく!というイメージで、もともと好感度が高かった。階段でコウイチに追い詰められ腰を抜かしながら逃げる松松はカワぺろPだし、ラストコンティニューで合唱団のお子さんかな?ってくらい口を大きく開けて歌う姿が非常によい。隣のザキさん(でかい)と同じ服を着ているからペアルックの親子みたいで可愛いのである。あとDoAでザキさんとペアになって肩車を…SHOCKになると話が逸れすぎる。とにかく面白くてすごく笑ったしトラジャはA.B.C-Zの曲を多めにやってくれて嬉しい。忍者の出番思ってたよりあって有り難かった。

 

 

8/16

Summer Paradise 少年忍者@Johnny's net オンライン

川﨑皇輝くん見たさに買ったらソロ曲がカレカノでかわいすぎて絶叫してしんだ。皇輝くんはたとえジュニアが100人いてもすぐに見つけられるようなパッと目をひく華やかさが良い。皇輝くんのことを気にかけるようになったきっかけがそれこそジュニア100人くらい居るなか突然目に入って脳裏に焼き付くという衝撃体験だったので。

 少年忍者は「ぼくがかんがえたさいきょうのジャニーズJr.」を具現化したような、ひとりジャニーズJr.祭りみたいなところが好き。キラキラ曲多めなセトリも、数の暴力なところも、なんでもやっちゃうところも、ぺらんぺらんな衣装も、ジャニーズJr.(概念)感あっていいな。つい先日まで少年忍者は皇輝くんと愉快な仲間たちという認識だったが、YouTubeなどのおかげで皇輝くん以外の子もだんだん見分けがつくようになってきた。

 

 

8/16

Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~ 関西ジャニーズJr.@Johnny's net オンライン

少年忍者とLilかんさいの配信を同日にやるなんてセンスなさすぎでは?私のように軽率に中高生を摂取してみたい層に全く優しくないとキレた。Lilかんさいのオリジナル曲「Lil miracle」聴きたさに購入。あれは良曲すぎる。ドローンを使った演出が何曲かあり、それがとても良く見入ってしまった。室くん向井くんが抜けた関西はどうなるのかとハラハラしていたが、これまで自由にボケていたなにわ男子のメンバーがすぐにツッコミや裏回しを担いだして驚いた。その精神は本公演でチビたちをまとめるリトかんにも伝わっており、みんな兄たちの背中をきちんと見て育っているんだなと胸が熱くなった。Lilかんさいは勝手にSexy Zoneを重ねてしまうことがたまにある。これから彼らの動向を見守りたい所存である。

 

 

8/23

小喜利の私@Johnny's net オンライン

大喜利ならぬ小喜利。剛くんの小ボケが見れると思いきや松松辰巳参戦で剛くんはお題を出す人になっていた。途中流れた過去映像を見た感じ剛くんが生み出す笑いの方が好みだったから、あーこっちを見たかったなーと思ってしまった。という訳で第二弾は購入せず。ごめんツォイツォイ。

 

 

9/21

Endless SHOCK -Eternal-@梅田芸術劇場メインホール

というわけで、私の自粛明けはSHOCKになった。様々なものを犠牲にする覚悟で入る渦中の現場、どうせ見るなら半端なものは嫌だ。最高なものを見て自粛を明けるのだ!と思っていたらこの上ないタイトルがご近所に来てしまった。最高か。現場が久しぶり過ぎて双眼鏡を忘れて笑った。タクシーで取りに帰るか、いっそ近隣のロフトで買うか…と迷っていたがエーイ!と入場してみたら(デジチケ)双眼鏡不要な席で大勝利であった。

Eternalはあれから3年後の世界から当時を振り返りながら登場人物の内面を掘り下げるということで、正直わたしは見るのが怖かった。こういうことなのかなーと今まで余白で空想していたものの正解を公式から叩きつけられることにより解釈の不一致が生じる可能性、そして単純に人がなにを考えているのかを聞くのは恐ろしい。「俺だよ!」のシーンで私だったら絶対「やっぱりお前か!」って思うはずだから。そんなの聞きたくない…こわい…メソ…と思っていたらまったくもってそんなことはなく爽やかに見れた。よかった。あれから3年、コウイチ以外誰一人欠けることなくコウイチの想いを真っ直ぐに受け取ってショーを続けていたことがとても嬉しかった。

 

 

9/26

Endless SHOCK -Eternal-@梅田芸術劇場メインホール

コウイチのお墓参り?でテラニシがマツザキに百合の花を渡すところが良かった。あの時コウイチに真剣を渡してしまったテラニシが剣ではなく百合の花を…ライバルに傘を渡すマツザキが百合の花を渡されるなんて…グッ!と思っていたら、百合の花をマツザキに渡す人は日替わりであることが判明。私はマツザキのファンなのでどうしてもマツザキ中心に物事を考えがち。そんな恥ずかC勘違いも時々しつつEternalを噛み砕こうと試みる。病室の窓を見守るタツヤにマツザキが傘を差し出すシーン、本編では自分用の傘をさしながらタツヤ用の傘を差し出すものの受け取ってもらえない…という流れだったけど、エターナルでは傘は一本だった。自分は濡れてでもタツヤに傘を差し出すマツザキの心情を表していたのかなぁ。そしてタツヤの泣き顔を見ないように目を逸らすマツザキの優しさにグッときた。

 

9/26

堂本剛 平安神宮 奉納演奏@Johnny's net オンライン

一切前知識がないが、格好良いらしいと聞いて軽率に購入。なんか良いものが見れる気がして。配信開始時間はちょうどSHOCKを見ていたので見逃し配信にて。有難い。9月はKinKiソロ活動に生かされた月であった。

水、炎、照明、レーザー、環境音、空間、音楽が持つ力を感じた。チープな表現になってしまうことが申し訳ないほどに素晴らしかった。剛くんの音楽がそうだってんじゃなくて自分の気持ちの話なんだけど、プログレを聴いてるみたいな気分だった。ずっと心地よくてドキドキざわざわする感じ。買ってよかった配信ナンバーワンかもしれない。衝撃体験であった。

 

9/27

Endless SHOCK -Eternal-@梅田芸術劇場メインホール

マツザキがハイヤーでライバルを呼ばなかったりビニール傘が1本だったり、ノーマルと明らかに異なる部分があるから、エターナルでノーマルを再現するシーンは誰かが思い描くifであったり記憶だったり心情を強く表していたりいろんなものが混ざって具現化されたものなのかなと思い始める。渦中における演出の都合も勿論あったとは思うが、こちらの想像を掻き立てる余白があるのは嬉しい。New York Dreamはオーナーの回想から始まるが、最後のシーンはコウイチとライバルとオーナーが肩を組んで楽しそうに笑い合う。リカの想い描くifにすり替わっていた。今まで束の間の幸せだと思っていたNew York Dreamがこんなに悲しい曲になるなんて思ってもみなかった。

 

 

10/4

Endless SHOCK -Eternal-@Johnny's net オンライン

配信なので視界は特等席だが、部屋着にベッド上というなんとも不遜な態度で鑑賞。当たり前だがこんなの初めてだ。私はもともとスマホで配信を見ているので実況できない派なのだが、SHOCKの配信においては特に私の観測上では実況が少なかったように思える。途中まで実況していたけど雰囲気が違うことを察して引っ込んだ人もいた(健気ワロタ)私も実況できる環境があってもしなかったと思う。とにかく没入したい。

 

 

10/11

Endless SHOCK -Eternal-@梅田芸術劇場メインホール

前楽。迫力が違った。開始前にザキさんの雄叫びが聞こえた気がした。翌日の千秋楽では松崎担のフォロワーさんが「気合入れ聞こえた!」とレポしていたので、この日もそうだったんだと思う。好きすぎて空耳したのかと思った。

八連太鼓前で機材トラブルにより笛の音が聞こえなくなった。(かすかに聞こえたので奏者ではなく機材の問題と思われる)演者はアイコンタクトで合わせながらショーを続けた。八連太鼓の後半はややリズムが崩れかけたが、最終的にはぴったり合わせていた。幾度となく訪れるアクシデント、その度に思いを一つに力を合わせて乗り越えてきたのだなと。台本ではない部分のショーマストゴーオンを見た。Endless SHOCKの素晴らしいストーリーを演じる演者自身がSMGOを体現することで物語が更に輝きを増し厚みが出て説得力が生まれる。形は変われどやはりSHOCKが大好きだと思った。そして夢だった週一SHOCK(配信含む)を達成した。贅沢な時間であった。

 

 

10/24

映画 オレたち応援屋舞台挨拶ライブビューイング

遅刻でライビュ見れず!(草ァ!) 前日から生理で体調悪すぎて行ける気がせずA-1という誰にも迷惑かけなさそうな席を取ったら見事に空席にした。すまぬ。ちなみに満席ではなかった。結局私が映画を見たのは生理痛が治った27日。聞いていた評判がなかなかに酷く構えすぎていたため覚悟していたよりは楽しめたが、逆に全てをチャラにすると噂の雷神の舞いは期待し過ぎて言うほどか〜?となってしまった。映画は聞いていた評判通り監督が気持ち悪過ぎて二度と関わって欲しくない。今回に限らず「これを演じる彼らに疑問は無いのか?」と思うことはまぁあったけど、疑問の顔すら見せないところはプロの演者だなと思う。しかし興奮ポイントがそこになるとアレな作品であればあるほど興奮することになっちゃうからそれは普通に嫌である。出してしまった以上は「最高の作品なので見に来てください!」と言って欲しいが、面白くないもの倫理観がおかしいものは普通に見たくない。とにかく普通に心から最高の作品を見たい。ネガキャンで自担の足引っ張るなよという意見もあるが、自担はこんなものを作る人間にどうこうされるような小さな存在ではないと信じている。価値観をいつまで経ってもアップデート出来ないならそっちから去れ。

 

 

10/31

Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020@Johnny's net オンライン

思えばポプステに振り回された上半期であった。3月公演の中止、からのツアー再開のお知らせからの中止。とても楽しみにしていたし両方当たっていたのだよ。アルバムの完成度爆高で期待値激高ツアーだったのだが、さすがSexy Zoneはひょいと超えてしまった。海外から見た概念のニッポンを可視化したようなオープニング映像からの極東DANCEは圧巻。サビで舞い落ちる大量のコンフェ、火、水、レーザー、花火、光る地面、可動式センターステージ、セクゾのコンサートってこんなに豪華だったっけ?実に素晴らしい演出であった。コンサート発表時は確か聡ちゃんは出ません!と告知されていたと記憶しているが、延期に延期を重ねタイミングが揃い少しだけ参加することに。嬉しかったな。アンコールで5色に染まった道がセンステで交わり1本の道となる。そこを走り抜ける彼らは「まだ始まったばかりさ」と歌う。序盤で不思議なステージ構成だなと感じてはいたものの、まぁ観客入れないとトロッコが意味を成さないからなーと大しで気に留めていなかったが、最後に伏線が見事に回収された。なんという演出。凄くて嬉しくて格好良くて頭が痛くなるくらい爆泣きした。Sexy Zoneの未来についていきたいと強く思う素晴らしいコンサートだった。円盤予約したし、配信用ではない本来予定されていた形でのポプステツアーも是非見たいなぁ。配信後勢いでツアーTシャツとボディシールを追加購入。心から良いと思えるコンテンツに気持ちよくお金を使いたい。だから待ってる。

 

 

11/1

V6 For the 25th anniversary@Johnny's net オンライン

見てみたかったV6のコンサート!25周年のコンサートなんて外野が見れるわけないじゃないですか。今年は見れるんだなぁ!ということで、世界的大厄災が生んだ数少ないメリットを享受。すごい。なんだこれは。沢山のアイデアとありとあらゆる機材をふんだんに使った今作は代々木体育館とは思えない空間になっていたし、噂に聞いていた通りとにかく踊る踊る身体の躍動を余すことなく享受。知ってる曲が1曲しか無かったけど毎秒毎秒新鮮な驚きを見せてくれてとても楽しかった。ドキドキし過ぎて眠れなくなった。前知識がほぼゼロな私がこんなに楽しかったんだからこれV6のファンの人めちゃくちゃ楽しかっただろうな!芸術作品を100%楽しむには背景への理解が必要だと改めて感じた。

 

 

11/7

ミュージカル ビリー・エリオットリトル・ダンサー〜 @梅田芸術劇場メインホール

楽しみにしていたビリー!やるのか、やらないのか、今やらないとせっかく役を勝ち取ったビリー達は卒業せざるを得なくなってしまうのでは?なので個人的に一番やって欲しかった現場だった。どのビリーにしようかな!君に決めた!と完全に顔の好みでデニスビリーに決めたのだが、事前番組でバレエ界のサラブレッドと知りますます上がる期待値。そして裏切らない身のこなし。周囲に理解されず自暴自棄になる様を表現したコンテンポラリーは大変美しかった。ビリーエリオットが無事上演できて本当によかったなぁ。ビリー達の未来を楽しみにしています。

 

 

11/14

Winter Paradise 2020 〜ふゆパラ〜 ふぉ〜ゆ〜公演@東京国際フォーラム ホールC

今年もやるとは思ってなかったふゆパラ。秋冬は文句が多い私だがここ最近の秋冬ルーティーンでは唯一の癒し現場である。去年のグローブ座から国際フォーラムへランクアップ。去年より大きな会場、豪華なセット、豪華な照明、うれしい。次はTDCで本物のムビステ狙ってこ。

どしゃぶりヒーローが普通に歌われてることが未だに信じられないというか不思議というか。いやもともと「なぜか声に出して言ってはいけないあの曲」みたいになってたことの方が謎なんだけど(権利の問題?)ファンになった頃はそれが当たり前だったから馴染んでしまった。快進撃を続けてどしゃぶりヒーローを奪還するどころかもうすぐアルバムできちゃうくらい新曲を出しまくっているふぉ〜ゆ〜本当に格好良いなと思った。

 

 

11/14

ライオンキング@四季劇場 夏

二十数年ぶりのライオンキング!(うそだろ!)むかし母が劇団四季にハマっていたので子供の頃いろいろ見せてもらった。その中でも一番好きだったのがライオンキング。ハシゴできないかな〜と思いながら予約サイト見てたらセンブロ3列目がぽっかり空いてて驚いて抑えた。ふゆパラに何があってもライオンキングがあれば…という保険的な気持ちでチケットを取ったこともあってか直前までダラダラしすぎて慌ててタクシーで向かうことに。ギリギリ間に合った。馬鹿である。

いやーーーーー劇団四季は良いね!知ってた!1秒たりとも虚無らない脚本演出、全員歌ダンス演技うまい、常にアドレナリン全開でノンストレス!最高!大人になって虚無現場の存在を知ってしまったいま、虚無に出会ったら四季を見て癒されたいなと思った。セラピー扱いすな。ヤングシンバの顔が良くて(歌も演技も!)YouジャニーズJr.にならない?と思った。

 

 

11/15 昼

Winter Paradise 2020 〜ふゆパラ〜 ふぉ〜ゆ〜公演@東京国際フォーラム ホールC

そしてふゆパラ。舞浜時代から馴染みの橋本担はふぉ〜ゆ〜現場においては福田担である。そんな彼女が当ててくれた福ちゃんのお誕生日記念公演。緑色に点灯させたペンライトをろうそくに見立てて福ちゃんがふーっと息をかけたら消すっていう素敵演出。とてもいい景色だった。ひとりひとりの優しさで世界をつくる手動ペンライトが好きだなと思った。

去年のふゆパラも素晴らしかったけれど、どうしてもファンサのレポが目立つし本人達もファンサ頑張ってたな…という印象。パフォーマンスよりファンサの方がレポしやすいから話題になるのは当然なんだけどさ、違うんだよ!ふぉ〜ゆ〜の素晴らしさは!ファンサだけじゃないし!パフォーマンスだし!とぴえんぴえんしていた。なので今年はファンサできないぶん「ふぉ〜ゆ〜踊ります!」と高らかに宣言してくれて嬉しかった。そうこれがわたしが見たかったふぉ〜ゆ〜!さいこうだぁ!

 

 

11/29

Johnnys’ Jr. Island FES@Johnny's net オンライン

少年忍者目当てで購入したら美 少年に落ちた。なにこれ。もしかしたら人生を狂わせたかもしれない配信。以前書いたので割愛。写真とアクスタ届きました。かわいいです。大事にします。応援したい人が増えたかもしれません - おとしだま

 

 

12/14 夜

ENTA!3@StreamPass

配信。我が家の脆弱なネット回線では調子が悪いと3秒に1回停止することとなり最悪であった。3500円アーカイブありは安いもんな。安かろう悪かろうというやつだ。ジャニーズネットオンラインって頑張ってたんだな。すぐガビるとか言ってごめんな?ここの運営が嫌いすぎてとりあえず1回見てから残りの購入を検討しようと思っていたらこんな感じだったのでもういいやーとポイした。

 

 

12/22 夜

A.B.C-Z 1st Christmas Concert 2020 CONTINUE?@EX THEATER ROPPONGI

当落発表時に配信決定のお知らせが来てブチギレた。配信やるなら言ってよ最初から申し込まなかったのに。あ?要望が通った?知らんわそんなん。配信が無い前提できちんと諦めている人だっているのに、とにかく愚かな私は申し込んで当選した。一時はチケットを手放すことも検討したが、愚かなので結局行くことに。すごく悩んだし申し訳なさすぎて心の中でいろんな人に謝った。遠征だけではなくEXシアターという会場もちょっと…。私は広い会場でたくさんの人から愛される潤沢な予算のもと行われるコンサートで自担を見たいのですが?昨今の数字の酷さは理解しているつもりだがいくらなんでも狭すぎないか?あまりにも解釈違い過ぎて「自担のことは好きだけどこんなもの見ない方がマシ」と判断する可能性すらあった。

結果として普通にオタクとしてのモチベーションを取り戻したのだが、この公演は明らかに塚ちゃんに元気がなかったので割愛。原因がわかっているからこちらはそこまで病まなかった。1年以上振りの塚ちゃんを見に遠征してまで病みたくないからよかった。

照明と映像とレーザーがとにかく良かったから最後列のドセンで見てみたかったしEXシアターという箱が好きだなと思った。サマステ行ってみたい。

 

 

12/23 夜

A.B.C-Z 1st Christmas Concert 2020 CONTINUE?@EX THEATER ROPPONGI

ホヮホヮ…塚ちゃん元気だった…しあわせ…しゅきめろ…!!昨日とはうって変わって元気だった。この感じ久しぶり。これは博打だ。不安定だなぁ。きっと悩んでいるんだろうな。そのぶん年明けに良いものを見せてくれると信じている。連番しているいつもの橋本担でも分かるくらい昨日とは雲泥の差だった。誰も「塚田くん元気ないです><」みたいなレポしないから気のせいかもしれないと思ってたけどやっぱり客観的に見てもそうであったか。(まぁそうか私もツイッターには書かないしな)

前日もワンチャンファンサもらえる席だったんだけどとにかく元気なかったからこういう日はダメなんだよなーと思っていたら案の定隣の同担と一緒にガン干された。おもろかったので「私たち干されましたね!(ニコ」って隣の知らない同担とソウルトークを試みたりした。従ってこの日も全く期待せず団扇いらんくない?と思っていたのだが1曲目から明らかに昨日と違うので「これはあるのでは?」と思って一応出しておいたら正解だった。えびラブだったのでペンライトが意味を成さない。ありがとう塚ちゃん!ナイス判断じぶん!嬉しかった!

モグーに対して既に思い入れありすぎて簡潔にまとめられず溢れ出ちゃったみたいに語っていたし、昨日と今日で情緒がジェットコースターになるくらいなりふり構わず取り組んでいるからモグーはきっと良いものなんだろうなと思った。楽しみ。前日「べべべべつに元気ない理由分かってるからいいいいい良いし???」って思ってたけどやっぱいっちょまえに嫌だったんだな!ハハ!塚ちゃんが元気ないと今は見たくないやーと思って他のメンバーをチラ見するから私はもしかしていつかこんなふうに簡単に塚ちゃんのこと見捨てるのかなと思う。日々こんなに幸せにしてもらっておきながら酷いやつだ。ほんとオタクって勝手に好きになって勝手に応援してるだけのクソキモイやつだから優しくしなくていいよ。という感じで、売り上げの低迷や明るい未来を想像できない感じとかここ最近のモヤモヤ全部ぶっ飛ばしてもらってオタクとしての寿命が延びた。「ファンサもらってモチベ取り戻してる卑しいやつ」みたいでなんか嫌なんだけどそういうことじゃなくて(まぁ他人からそう見えていても別にいいです私が分かっていれば)元気な塚ちゃんが可愛かったのでまだオタクとして楽しめそうです。嬉しいな。

 

 

12/26

ENTA!3@Zepp Namba

27日が当選していたが別の配信と被っていたので交換を探した。こっちは早々に交換が決まったのだがもう一枚の方は運営のツイッターがキモすぎてチケットを手放すという残念な事態に。せめて担当者変えてくれないかな。

はじめての2階席。足元まで見えるから普通に良いなと思った。最後に寝っ転がる振り付け、たぶん1階の人はあんまり見えないんじゃないかな?終盤で「Everything for You」が流れてああこの曲が発表されたとき本当に嬉しかったなぁ、とツーっと涙が出た。文句言いながらもなんだかんだ行ってよかったな。でも大千秋楽のレポを見て自担が受けた罰ゲームにブチギレたので来年あっても行かないと思います。

 

 

12/27

A.B.C-Z 1st Christmas Concert 2020 CONTINUE?@Johnny's net オンライン

当落時は「配信やるって分かってたら申し込まなかったのに!」とキレたが、結果両方見れて良かった。EXシアターの映像と照明とレーザーが作り出す没入感は配信には乗せきれない。というかガビガビの原因に。まぁそりゃそうか。

配信用に演出を変えるということでセトリも少し変更。チューインラブがセトリ落ちして泣いたが「僕たちの原点」としてワンカメをやってくれて嬉しかった。セトリ変更においてYou…が入ったことで、現場と配信とでその後に置いた空の意味が変わった。現場では離れてなかなか会えないA.B.C-Zとファンの関係性を表しているのかなと受け取ったが、配信ではイントロで天を仰ぐ塚ちゃんを見てああこれはジャニーさんに向けた曲だったんだなと。印象的な変更だった。変更といえば客席を潰してステージを拡張し足元にも画面を配置。なるほどEXならではの演出。EXであることに散々文句を言ったがあの演出が見れたことは嬉しかった。あれをやるためにEXを選んだのか、EXだったからあの演出になったのか、卵が先か鶏が先か、オタクには知る由もないが、とにかく良いものが見れて良かった。あ、でもスイッチャー塚ちゃんのこと嫌いなの?ってくらい塚ちゃんが歌ってても抜いてくれませんでしたね。そこは不満であった。あとこれは単純な好奇心なんですけど、足元のあいつらはV6の配信で見たアレと同じものなのでしょうか?

「諦めずにコンティニューし続けてね」という塚ちゃんの最後の挨拶、現場も配信も変わらずジャニーズWebでも同様に伝えてくれた。現場へ行った人、配信を見た人、両方叶わなかった人にまで平等にメッセージをくれる。そういうところが好きだなと思った。良いコンサートだった。

 

 

 

 

 

2020年の現場数はおそらく去年の半分以下だったが、たまたま再開が早目なグループを応援していたことや配信なんかもあり後半はなんだかんだ慌しかった。配信のおかげでこれまでなんとなく薄目で見ていたグループときちんと向き合えたり、向き合おうとしたら思わぬ方角に転げ落ちたり、身体はともかく心はだいぶ忙しかったように思える。せっかく配信プラットフォームを整えたんだし、何の心配もなく現場が再開できる世の中になっても1日だけでも配信日を設けてくれたらいいのにな…なんてチケ取り戦争ょゎょゎゆえに思ったり。いいとこ取りはできないものなのだろうか。

軽率に現場に行くことが難しくなってどんな泥水でも自担さえいれば泣きながら美味しく啜れると思いきや、もう絶対に面白い物しか見たくない!という思いがますます強固になった。ゆえに来年はより慎重に現場選びを行いたい所存。予想外だったが納得である。面白いものしか見たくない、そんなの当たり前だろう。逆に言えば、自分が面白いと感じられなくなったら今までこんなに元気をもらった自担のことでも簡単に捨てるのかもしれない。我ながら非情すぎて落ち込むのだが、とりあえず今のところ自担の活動を追いかけることはとても面白いので2021年もお世話になることでしょう。2021→2022のカウコンは自担年男(×2)に加え大昇くんと皇輝くんのカウコンデビュー(合ってるよね?)なので、死ぬ気で取りにいきたいところである。全ての人がなんの気兼ねもなく現場に行ける世の中がはやく訪れますように。

 

 

応援したい人が増えたかもしれません

どうしようか考えている。

 

いままで割と離れた場所に居たが、自ら近づいてそっと中を覗いてみた。どこに繋がっているのか分からないけれど、見たことないような広くて大きな場所に出るはず。向こうがこちらを手招きしていれば少しはドラマチックだったかもしれないが、それは無情にもこちらの事など全く気にせずただ真っ直ぐに未来を見てキラキラと輝いている。そんなところも惹かれる要因なのかもしれない。

私はこれまでジャニーズのファンをやるにおいて、一目惚れ"しか"したことがなかった。パッと目に入ったその瞬間に好き!になるので、好きになるべきか辞めておくべきか迷う余地すらなかった。逆に言えば、この傾向から既に事務所内の人間をだいたい把握してしまった私にとって、新たに気になる存在が生まれる機会はしばらく無いと思っていた。にもかかわらずこれは一体どういうことなのか。進むべきか、戻るべきか、冷静なつもりではあるが果たして実際にそうなのかは分からない。

 

ジャニーズJr.のグループ『 少年』のメンバーである岩﨑大昇くん(18)のことは、なんとなくではあるが知っていた。スーパーエリート爆推されグループの一員で、少クラ司会のゆうぴーじゃない方。なんか髪長くない?美 少年ってグループ名が転々としたと思いきやいきなり「今度LA行きまーす!」ってグループでしょ?あれはおたくのひと大変そうだったなぁ。コズメロは曲として凄く好きでYouTubeでよく見てる。

確かに私はあの子のことを知っていた。知っていたのに、これまで箸にも棒にも引っかからなかったのに、ある時を境に「その他ジャニーズJr.」に分類されていた人が突然「特別な男の子」に見えるようになったのは何故か。

 

岩﨑大昇くんの顔が好きだと認識した瞬間のことはよく覚えている。


美 少年【アレンジ中華まん】超簡単で美味しいレシピ

YouTubeのチャンネル登録は一応していたので、更新された日にぱっと目に入った。(はてなブログのサムネだと見づらくなっててワロタァ左上です)

サムネのたいしょーくんがなんか癖で「エッッッ」て声が出た

その時の感想として、このように残していた。格好良いと思ったくせに「なんか癖(ヘキ)」と濁して自制を試みているあたりが非常に間抜けである。この時は動画を再生して「髪長いな」と思って途中で閉じた。今思えばなぜ髪が長いことがそんなにマイナスポイントなのか意味不明である。前世髪が長い男に殺されたのだろうか。(今はかっこいいと思ってるよ!)

 

忍者とコズメロ見たさにふらっと買った。

 

その前日。

初日のアイランドフェスはHiHiコンだったらしいと聞き、じゃあせっかく4000円払うし美 少年コンとして楽しむか〜と思ってろくに見ずに撮り溜めていた少クラを再生し始めた。土曜日の夜を丸々使って数ヶ月分一気に見たせいでいつの放送なのか分からなくなってしまったが、エンディングにて楽しくなりすぎたのか勇気100%というおそらくジャニーズJr.が1.2番目に覚えるような入門的な曲なのに盛大に振り付けを間違える岩﨑大昇くんが視界に入り笑ってしまった。この子の顔好きだし歌上手いしなんか面白いから明日のアイランドフェスでは注目してみよう。そんな軽い気持ち。

 


美 少年「Beautiful Love」 (Johnnys' Jr. Island FES)

 

「いわさきたいしょう?」

 

寝起きが良くない私は毎朝目覚ましのスヌーズ機能を活用しながらまどろむ。その間に考えるのは今日の仕事の計画であったり、次の休日の予定であったり、欲しいものやりたいことについてだったり。しかし件のアイランドフェス視聴以来、夢の世界から起こされ意識を取り戻したあと真っ先に岩﨑大昇くんのことを考えるようになっていた。

 

「今日もかっこいいな?」

 

意識半ばに岩﨑大昇くんが今日も私の中でスーパー格好良い男の子という位置づけであることを再確認する。ああダメだ。まだ格好良い。嘘でしょ、どういうことだ、信じがたい。夢なら覚めて欲しいと願っても、夢から覚めて一番最初に考えるのは18歳の男の子の格好良さについてだった。

子どもを可愛いと思うのは大人として当然だが、格好良いとは何事か。これまで可愛いと思うジュニアは何人かいたが、格好良いというのはちょっとはじめましての経験すぎて戸惑う。岩﨑大昇くん18歳。やばい。やばすぎる。その気(?)になれば倫理観はともかく生物としてギリ産める。ティーンを応援する大人全般をやばいと思っているわけではないが、いざ当事者となってしまうと受け入れがたく葛藤してしまう。水の中に頭を押さえつけられている気分だ。社会?世間?よく分からないけれど、正しい顔をした何かに殺される。うまく息ができない。水中、それは苦しい。心の中でハム太郎になりきって「たいしょーくんは、かっこいいのだ!へけっ!」と誤魔化してみるも、己の痛さに頭痛が痛い状態を塗り重ねるだけであった。

 

「岩﨑大昇くんはかっこいいなーーー!」

 

試しに声に出してみると、息苦しさが消えて少し楽になった気がした。息苦しさから解放されるのであれば、この胸の高鳴りと素直に向き合ってみようと思った。

 

  • 「Beautiful Love」がいい

アイランドフェスにてお披露目された新曲とのことで、大変素晴らしかった。意外にも直球ど真ん中ストレートの王子様ソングは初だったそうで、威風堂々たる立ち振る舞いと持ち前の華やかさで眩し過ぎて目が潰れるかと思った。メッセージを伝えようと大切に歌い上げ、パフォーマンスで魅せようときっちりダンスの角度を揃えてきた。曲もそれに対峙する彼らもあんまりにも真っ直ぐで、美 少年のことなんて大して知りもしないくせに気付いたら泣いていた。最後のプレゼントフォーユーでアップで抜かれた大昇くんの頭に羽が乗った。さすがにそれは持ってる男過ぎて天使か。

 

  • 顔がいい

美 少年を指して顔がいいって逆に何?って話なのだが、顔がいい。しかしこれはもう割愛しようと思う。でもなんかもうふつーにすごく好きな顔。

 

  • 体格がいい

肩幅えぐない???????ひと昔の乙女ゲーかな?スタイル良過ぎて逆に衣装に支障きたさない?大丈夫??????肩幅すごいのに腰は細くてバグってない???????それでいて風が吹いても飛ばされなさそうな、足腰しっかりしてそうな、ちゃんと筋肉付いていそうなところがいいですね。なるほど世の言う「形が良い」とはこのことか。2020年12月現在確かに彼は18歳だが、どう考えても生物として完成しているからなんかもうセーフなんじゃなかろうか。自己正当化はじめました。しかも自分の肩が良いことを知っているダンスをするような気がするのですが、さすがにそれは被害妄想でしょうか。(被害とは)

 

  • 歌声がいい

正確にとらえる音程と真っ直ぐな発声と確かな声量。変な癖がなく透明で清々しい。余計な色をつけずに是非この方向性で伸ばしていただきたい。「Let It Be」*1をグルーヴ感たっぷりに歌いこなす様は見てみて気持ちよかったし、「Let's Go To Earth」の荘重且つ優しい歌い出しを聴いて歌にストーリーを載せるのがとても上手だと感じた。歌っている時の表情も良いね。大昇くん、おぢさんといっしょに次世代のミュージカルスターを目指さないか?初主演外部舞台見たかったな今更だが。

 

  • BBAキラー疑惑

YouTubeの企画でメンバーがロマンチックなキラキラデートプランを立てる中ひとり「部屋着のまま抜け出して公園でコンビニおでんを食べる」と言い出す大昇くん、夢みがちでもおかしくないお年頃のはずなのにリアル過ぎて人生何回目だよと思った。私はとても性格に難ありなので場合によっては「逆張り狙いすぎ」などと難癖をつけるのだが、大昇くんはなんか本当にそれが良いと思ってそうだなーと思った。純粋にリアリティありすぎて精神年齢の高さが伺える。雑誌のインタビューで別れ際にブレーキランプ5回点滅「アイシテル」のサインを送りたいと語る大昇くんはひょっとしてBBAキラーの才能があるのでは?キルされたBBAとしてはこれらはBBAキラー要素だったのだが、世間一般にはどうやらリア恋要素らしい。リア恋はBBAもキルする。

 


美 少年【クリスマスの約束】デートのあとはサプライズ!

 

YouTubeのサムネを参照しながら大昇くんにスポットが当たっていそうな動画を手当たり次第再生すると、グッと来る時と来ない時に二分された。ナニコレ?????と視聴を続けてようやく気付いた。岩﨑大昇くんは物理的に成長している(あたりまえ体操これまで箸にも棒にも引っかからなかった理由が分かった。今まで子供過ぎたんだ。ひとつひとつ遡ってみると2020年3月末〜4月頭にアップロードされたあたりが分かれ目かな?と思うので、このあたりで私的岩﨑大昇アルティメット究極体に進化したとされている。やだ子供ってこわい。というわけで、私が岩﨑大昇くんにめろれるのはだいたい高校2年の3学期らへんからということが分かりました〜!18歳でもヤベェヤベェと思っていたのに17歳でも大丈夫だった〜すご〜い!パチパチ〜!(やけくそ)(アルティメットになる前もスーパー可愛いと思うようになっちゃった)

 

ジャニーズ全般だいたいそうなのだが、美 少年というグループにおいては特に「顔がいい」という武器はアドバンテージではなく必要条件となっている。そんな過酷な状況のなかで岩﨑大昇くんは「歌唱力」「料理」「司会」という別の武器を見つけて活躍しているようだ。入所当時は特に歌が上手なポジションという訳ではなかったそうだが、努力を重ね今や歌うまJr.代表として名を馳せジャニーズJr.内で一、二位を争う肺活量を誇っているし、YouTubeのお料理企画で技や知識を披露してメンバーを喜ばせ、なんとなく緊張しぃなのかな?というように見受けられるにも関わらず少クラでは安定した司会進行を務めている。(ネットで得た知識と個人の感想なので間違っていたらごめん)自分ができることは何か、どのように磨いていくか、魅せていくか。武器を探し戦略を立てて行動しているのか、はたまた天然でハマっているのか私には知る術もないが、楽しそうに料理をする姿を見てなんだかそれらの過程も楽しんでいそうだなと思った。「そんなの全ジャニーズJr.がそうだから落ち着いて!」と言われたら蚊の鳴くような声で「・・・うん」としか言えないのだが、ジャニーズJr.に強い興味を抱くことがほぼ*2初めてな私にとっては、それがとても尊いことに思えた。

 

今もそうなのか知らないが、15歳の大昇くんはSHOCKに出ることが夢だと語ったらしい。すごい。自分の夢や目標を具体的に発信して掴みに行っている。天然でやってのけているのか、おっとりしているようで野心家さんなのか、これまた私には判別がつかない。しかし目標の設定が具体的で非常に好感度が高い。

私はSHOCKのファンなので後輩がソロで歌うシーンがとても少ないことは知っている。従ってその歌唱力はアドバンテージにはならないはずだし、そんなことはジャニーズJr.である彼も分かっているに違いない。(えっライバル役狙ってるとかじゃないよね?*3 )よって課題はダンス。アイランドフェスにて披露したダンスは期待以上に綺麗だったし、あの体格の良さとしっかりした軸から成るターン、身体はそんなに柔らかくなさそう、YouTubeで本人が発言していた「シャトルランが苦手(=持久力が無い)」という発言、18歳という年齢、まだまだ伸び代がある。その可能性にワクワクする。「Beautiful Love」のダンス動画を見て、岩﨑SOLITARY大昇の幻影が見えた気がした。

大昇くんは18歳の誕生日を迎えてすぐ自動車免許を取得したらしい。学校へ行き宿題やテスト勉強をこなして数々の仕事で結果を出しながら爆速で免許取るって、時間の使い方上手か。こんな世界一生産性のないブログを書くために時間を費やしている己が恥ずかしくなるほどに理知的な子だなと思った。いわゆるスーパー推されキラキラグループである美 少年のスケジュールをSHOCK用(長くてえぐい)におさえたりするだろうかという疑問はあるが、そんな大昇くんがSHOCKに出演するまでSHOCKのリピーターとして帝国劇場のふかふかの椅子に座って待ってみたいと思った。

 

気になったことを調べることでまたひとつ大昇くんのことを知る。実態がない不思議な存在は徐々に輪郭を表し、脳に酸素が行き渡り視界がクリアになっていく。水中で息ができずに苦しんでいたことを忘れてしまう。ぽっかりあいた穴を埋める作業は常に宝探し。もっと知りたいと思いながら検索しインタビューを読み過去のYouTubeや少クラを再生する。またひとつ大昇くんのことを知る度に好きになっていく。全て知ってしまった時、私はあの子のことをもっと好きになるのだろうか。全てを知れる訳がないのだが。

配信は恐ろしい。配信が盛んになる前はコンサートする美 少年やフリートークする美 少年を摂取する方法なんて現場へ行くしか無かったじゃないか。隙間時間にYouTubeで仲良さそうに喋る姿が見れるなんて、ちょっとお金を払えばコンサートが見れちゃうなんて、なんてことしてくれたんだジャニーズをデジタルに放つ新世代は。こんなつもりじゃなかったんだ私は。デジタルに放たれた当初は他人事だったのに。

明日板の上に立っているかも分からない、その場に行かないと何も知ることができない、数ヶ月後には全く違う表情をみせているかもしれない、そんな儚さがジャニーズJr.が放つ美しさの正体だとしたら、配信供給過多と化した現在のジャニーズJr.を追っても「本物」は見れないのでは?

いや、「本物」ならどこだって輝けるだろう。

大人たちが決めたことに従い訳もわからず必死で喰らい付くことでその瞬間しか出せない儚い輝きに満ちていたコズメロ。それから数年、大人に近づいた彼らが各々強い意思を持って世界中を笑顔にしたいと歌う「Beautiful Love」を見て、私はコズメロから今日までを全部見逃したんだなー!と悔しくなった。しかし、これからのことを考えれば今からでも遅くはないはずだ。美 少年のその先を見てみたいと願ってしまった。

 


東京B少年「Cosmic Melody」(「夏祭り!裸の少年」in EX THEATER ROPPONGI)

 

YouTubeを遡って「ハァ…まぢ美 少年ありえん良さみが深いな…箱推しできちゃう…」ってことで取り急ぎ写真とアクスタは購入したが(配送待ち)ジャニーズJr.情報局の好きなタレント名*4をいじるのはさすがにまだ早くない?と思い、とりあえずアイランドTVのお気に入りアーティスト名を岩﨑大昇くんにしてみた。ジャニーズJr.情報局と違って軽い気持ちで変えられると思いきや「180日間変更不可」と言われ思いのほか重い契約だったことが判明。この子を担う覚悟なんてまだ到底出来ていないどころか1ヶ月後にはすっかり興味をなくしている可能性だって普通にある。*5 しかしタップする私の指は止められなかった。「これ以上好きになってはいけない」と思う時点でもうだいぶ好きなのかもしれない。卵から元気な大昇くんが生まれた。

 

 

*1:選曲シャレオツすぎん?大好きな曲って言ってたよね?お母さんの影響とか?

*2:私が応援し始めた頃のふぉ〜ゆ〜(ジャニーズJr.)は既に治外法権の特別自治区だったので…

*3:「SUPER BOY」で扇子投げるし

*4:2020年12月現在わたしの好きなタレント名は未だにふぉ〜ゆ〜松崎祐介である

*5:とりあえず本物見るまで保留

A.B.C-Z「Only One」は担降りソング説

A.B.C-Zの最新アルバム「CONTINUE?」の中に「Only One」という楽曲が収録されています。メーテレで放送中「デルサタ」のテーマソングでもある本曲が私は大変気に入りまして、事あるごとにエンドレスリピート。歌詞がとても聴き取りやすかったので、ガチ恋めろおたソング的視点で解釈しようとしたら気づきました。

 

 

これは担降りソングではないかと。

 

担降りソングという概念も忘れられて久しい気がするが、以下どのようにして私が「Only One」を担降りソングとして受け取ったか歌詞を引用しながらストーリーをなぞっていきます。当たり前ですが、すべて妄想です。特にモデルなどはいません。

 

wow wow… Only One!
wow wow… Only One!

 自担しか勝たん的なオタクだった主人公。オタクの脳内なんてだいたいこんなもんなのです。

 

色をなくした街角に立つ モノクロの世界だ

しかしそんな彼女は現在冷め期。

今日は現場。以前は担当くんを想うと家を出る前から世界がきらめいていたのに、今は不思議とモノクロに見える。主人公が指す「街角」とは日比谷か、水道橋か、はたまた新横浜か。

 

魔法のようにベール纏った君だけ何故か カラフルに見えた
世界を照らして be the light 街は色づき始める
手と手を繋いで be the one もう迷うことはない

冷め期のまま入った現場。惰性でチケット取ってるけど手放すためのチケ業務すらだるい。もしかしたらモチベ戻るかもしれないし…と僅かな望みをかけて入ったら、見つけてしまいました。モノクロの世界に色を与えてくれた新たな存在。おそらく前担当のバックについたジャニーズJr.でしょう。彼を新担当くんとします。

前担当くん名義で入った現場だけど、新担当くんを見ているほうが楽しいんじゃなかろうか。新担当くんが手を繋いでくれたような気がして、新担当くんを双眼鏡でロックオンして見てみることに。

 

僕以外見ないで 僕以外見ないで 代えなんて利きはしないから
君だけに見せる とっておきの顔 見逃さないでいてね

って新担当くんが言ってくるやばい。

 

君以外なんて 君以外なんて 君以外ありえないからさ Only for you
誰でもいいわけじゃない君の 特別になりたい

新担当くんが私の特別になりたいって言ってくるやばい。

さすがに幻聴ですが、えっ新担当くんしか勝たんのでは…?モードの主人公には救いに見えたのです。

 

wow wow… Only One!

終演後、前担当くんへのモチベは戻らなかったものの新たな出逢いに心ときめき帰り道の足取りは軽い。担降りしかけてもオタクの脳内なんてだいたいこんなもの。オタクは常に語彙力を失くしがちなのである。

 

太陽は顔を見せてくれない 雨雲が邪魔した

とはいえ前担当くんや他のオタクへのうしろめたさが担降りにブレーキをかけます。前担当くんと沢山思い出作ったし頑張ったところ悔しかったこと楽しかったこと嬉しかったことも色々見てきた。それに今まで構築した人間関係やタイムラインにだいたい把握している年間スケジュール、それらを簡単に手放し新天地へ赴くのは惜しいし怖い。これまで仲良くしてくれた人と一緒に行動できないどころか裏切りだと叩かれる可能性だってある。気持ちに陰りが出てきてしまう。

 

映画のようにデートの時間になった途端 雨降りが止まった

この間感じた気持ちは本物なのか確かめたくて取った新担当くんの現場のチケット。行くと戻って来れなくなる気がして怖かった。今ならまだ間に合うんじゃないか、これまで集めてきたもの全てを手放すことが自分に出来るのだろうか。いざ向こう側へ行ったあと後悔はしないだろうか。そんなモヤモヤも現場で新担当くんを見たら全部どうでもよくなりました。まるで映画のよう。新担当くんは私の太陽。

 

もう離れないよ be with you 君は他と違うから

新担当くん、他のジュニアと全然違って見える…!一瞬でも担降りを戸惑ってごめんね。もう離れないから!

 

目と目を合わせて three, two, one ほら僕のものだよ

新担当くんからファンサを貰って担降りを確信。主人公の心は完全に新担当くんのものに。新担当くんはめろめろ系ファンサを惜しまないリア恋系でしょうか。

 

もう忘れないで もう忘れないで 君じゃないと意味がないこと
恋がいつしか 愛に変わったんだ 同じ未来に行こう

「同じ未来に行く」は担降り時に使われがちなワード第23位にランクインしています(私調べ) ずっと忘れていた誰かを応援する楽しさ、これからは忘れたくない。最初はちょっと可愛いかなって思っただけだった。でもいつのまにか新担当くんへの気持ちが膨れ上がって愛に変わったんだ。もう新担当くんじゃないと意味がない。

 

夢みたいなんて 夢みたいなんて 頬をつねって確かめた Give me your smile
何を馬鹿なことしてるのって 笑っていてよ

前担当くんしか勝たんかったのに信じられない、なんだか夢みたい。でも頬をつねるとちゃんと痛いな。親愛なるフォロワーへ、またバカなことしてるなーって、私のこと笑ってください。(ポエ夢詠みはじめました)

 

誰もが (僕なら) 誰かを (君だけ)
愛せずにはいられない

世界はまだ新担当くんのことを知らないだけで新担当くんは世界から愛されるべき存在。結局わたしは誰かのオタクをやっていないと生きていけないのです(ポエ夢)

 

70億から見つけ出した 君は Only One
Hey yeah… You’re the only one

だって、70億(ジュニアマンション)から見つけ出しちゃったんだもん。

 

僕以外見ないで 僕以外見ないで 代えなんて利きはしないから
君だけに見せる とっておきの顔 見逃さないでいてね
君以外なんて 君以外なんて 君以外ありえないからさ Only for you
誰でもいいわけじゃない君の 特別になりたい

ーーーそして半年後

だから私以外見ないで私以外見ないで担降りとか絶対しないから。新担当くんに見てもらうために服もコスメも揃えて朝早く起きてヘアメして、お金と時間と努力を惜しまないから今日は絶対にこっち見て欲しい。新担当くんのこと一生応援するし新担当くんが私の全てだから新担当くん以外ありえないし。アイドルなら、ジャニーズならなんでも良いわけじゃない、私にはもう新担当くんしかいない。わたし、新担当くんの特別(オキニ)になりたい・・・!

 

wow wow… Only One!
wow wow… Only One!
Only You!

 

作詞 : タナカヒロキ(LEGO BIG MORL)

作曲 : 川口 進 / Jimmy Claeson / 佐原康太

編曲 : 佐原康太 / 川口 進

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/abc-z/only-one/

 

ということで、新しい地獄への扉を開けてしまった主人公。オタクはどこへ行っても業が深いものですね。サビの「僕以外見ないで」の「僕」が最終的に逆転しているところが恐怖ポイントです。果たしてこの主人公のゴールはどこなのか。そもそもオタクにゴールは存在するのか。みんな幸せになろうね。

 

誤解を生んだら嫌なので念のために申し上げますが、今のところ私自身に担降りの予定は無く、また担降りという行為やそれを表現することに対して否定的な感情はありません。素敵な恋の始まりを描いた歌なのにオタクの担降りに例えてしまって作詞家の方ほんとごめんなさいなんですけど、恋愛の歌ってだいたいオタクと自担解釈できちゃうじゃないですか。これもある種の恋だったり愛だったりするかもしれないから。

ちなみにこの主人公が担降りする前、冷め期のテーマソングは同アルバムに収録されている「Don't hurt me anymore」です。もしこのアルバムを聴いたことがない方がこのブログを読んでくださっていたら宣伝なのですが、A.B.C-ZCONTINUE?」とても良いアルバムなので是非聴いてみてください。

 

A.B.C-Z Official Site|DISCOGRAPHY

Endless SHOCKのチケットを自力で手に入れることができなかった弱いおたくが泣き狂う

泣いてないもん選手権、今なら勝つる。

 

f:id:abcz12345:20200113125131j:image

 

私はEndless SHOCKを愛している。泣いた。震えた。動悸息切れ呼吸困難。人生への影響甚大。初めて見た時、ああ私はこれに出会うためにジャニオタになったのだ。そう確信した。私には自担とする人が現在2人いる。うち1人はほぼレギュラーのように出演しているが、そんなことは関係ない。私はEndless SHOCKが好きなんだ。初めて見たその時から、私の一年はSHOCKを中心に回すと決めている。

これはただ「SHOCKのチケットを自力で手に入れることが出来なかった女の嘆き」である。ここから得られる情報などは全くない。これを読んでくださっている皆様におかれましては、下には下がいると言うことで安心していただければこの9時間の徒労も無駄ではなかったかなと思っている。自己肯定感までガリガリ削がれている。2日間フルで電話して1枚もチケット取れなかったの私くらいじゃない!?

 

12月6日(金)  FC会員枠当落日

全滅だった。1年間何も当てていないKinKi枠、ジャニーズJr.情報局、ふぉ〜ゆ〜メール会員、全て落選だった。情報局とメール会員は仕方がないが、KinKi枠もダメか…。申し込みの規定通りに申し込んだのに。何も欲張らない平日狙いだったのに。さすがEndless SHOCK…日本一チケットの取れない舞台。これも想定の範囲内というやつだ。一般カード枠で取ればよい。とはいえKAT-TUNのファンクラブでの当選報告多いな…。作っておけばよかったのか?

 

1月11日(土) 一般発売日

09:30 起床

共にSHOCKへ行こうと約束している友人とLINEにて最終確認を行う。

10:00 電話開始

iPhoneのリダイヤルは200回でカンスト。15分で200回のペースでリダイヤルしていることを確認。マツザキ、刀の確認しとけよ。

11:30 昼食

お腹が空いて餅を喰らう。もちろん片手でリダイヤルしながら。本当はバター醤油がよかったが、バターを取るには両手が必要だったので仕方がなく醤油のみ。

12:00 友人から繋がったとの連絡

さすが友人…SHOCKもドリボもジャニアイも一般で取るっょぃ女。しかし友人には最優先で譲る相手がいるのだ。友人の友人(notジャニオタの観劇好き)がSHOCKに興味を示しているらしい。友人からは去年めっちゃ譲ってもらったし、全人類SHOCKを見ろ!と思ってるSHOCK大好きマンなので、見たことない人にチケットが渡るのはとても嬉しい。だから私よりその人を優先させて欲しいと伝えてあった。まだ諦めていない、自分の分は自分で取る!去年の恩を返す!俺は俺だ!

13:00 JCBに狙いを定める

そろそろメンタルがやられ始める。疲れたときは、休めばいい。オーナーの言葉を胸に、5分だけ目を瞑りCN狙いからJCB狙いに切り替えることに。

14:00 本格的にメンタルがやられ始める

個人的に14時の壁というものがある。ここからが本当の地獄だ。メンタルが完全に死なないように片手で拭き掃除をする。この狂った頭に記憶が残っている限り、午前中に繋がった試しがないから私は午後からの参戦でいいのでは?などと弱音を吐き始める。端末が悪いのか、電波環境が悪いのか、生か、死か、どちらが男らしい生き方か、とにかく何かのせいにしないとメンタルが死んでしまう。

14:45 友人から励ましの連絡

有難い。みんながいるから走ることができた!俺たちの夢、お前たちの夢はこれからなんだ!途中ツイッターで残席状況の確認をする関係で、翌日エポス枠があるらしいと知る。知らなかった。この件に関して友人に調査依頼を出す。もしエポスカード枠が翌日且つ即日発行可能だとしたらその時は…分かってるな?\イクゾォォォォォ!/

15:35 ナビダイヤルでお繋ぎします

もう半泣き。例年のペースだとJCBは17時近くまで残っているので、まだチケットは残っている。不慮の事故などで途中で電話が切れなければ手に入る。ツイッター情報によると、もう2月のA席しかし残ってないらしい。ん?ペース早くね?ガイダンスに従い汚れた両手で…ではなく、震える右手で2月のCコードを入力。

「ご入力いただきましたチケットは、予定枚数を終了しております」

「は?」

入力ミスか?もう一度入力するも結果は同じ。意味がないと分かりつつも3月分のCコードを入力するも、繰り返される予定枚数終了のお知らせ。リカお前は黙ってろ!!終わった……………………………そんな……嘘だ……例年ならまだ残っている時間帯じゃないか………コウイチが……死んだ?

ツイッターにて予定枚数終了の裏を取る。本当にオタクはツイッターが好きだな。自分の耳で聞いた情報よりツイッターかよ。逃げないで!もう一度よく考えて!とリカ(ツイッター)が教えてくれた。咄嗟に掴んだコウイチの手は冷たかった。本当だった。電話口で予定枚数終了を知ったのは初めてだ。絶望して死ぬ。というか、終了したならすぐに回線ブチ切ってくれよ…コウイチ(ナビダイヤル代)を返してよ…どうして…わたしドコモ継続15年以上のプラチナステージなのに…アレかな…ドコモ大好きだと悟って気を利かせてNTTアナウンスを聞かせてくれてたのかな…ファンサかな…(※電話の繋がりやすさとプラチナステージは一切関係ありません)

15:40 友人に予定枚数終了の報告

慰めてもらい、調査依頼を出していたエポスの詳細を受け取る。コウイチの手の冷たさに全てを悟ったリカを抱きしめるオーナーのような包容力。ありがとう友人。エポスカード、審査さえ通ればお近くのマルイで即日発行可能…土日対応!セクシーコマンドー外伝すごいぜエポスカード

16:00 ランボー怒りのエポスカード即日発行

エポスカードだ…エポスカードをよこせ!代わりに俺の個人情報をくれてやる!エポス枠って去年はJCBと同じ日じゃなかった?完全にスルーしてたわ。気付いてよかった。電車に乗ってなんばマルイに駆け込み、無事審査に通る。エポス、それは、君が見た光。僕が見た希望。大空が美しい、それはきっとそうさ、僕らがいるエポスカードがあるから。

 

1月12日(日) エポスカード枠発売日

(雨)あれから1年、コウイチは病院のベッドで寝たまま…。極悪非道な人殺しに復讐せよ!これほど醜く、卑劣な殺人はない。誓え!復讐を!剣にかけて誓え!この世は雑草の伸びるままに任せた荒れ放題の庭。胸のむかつくような者だけがのさばり蔓延っている。だが…

『殺されたはずの俺は生きている』(エポスカード枠!)

10:00 電話開始

さすがに2日目で心が疲れているので片手で拭き掃除、片手でリダイヤル。15分200回ペースは崩れず。よかった。これでメンタルを保ちながら電話を続けることができる。続けるんだ続けるんだって、何を続けるんだよ!電話だよ!!!!!!!

12:00 昼食

昼食は前日に用意しておいたじゃがりこたらこバター味。片手で食べられるぜ!

13:00 メンタル崩壊

次々とチケットを手にし離脱するタイムライン。いい加減涙が出てきた。掃除も辞めてリダイヤル一本に絞った。辛い、辛過ぎる。自分の身の回りにいると思っていた人たちがHigherで次々とコウイチのもとへ戻っていくような、雨の日も風の日も目を覚さないコウイチがいる病院に通い外から病室の窓を見つめような、そんな辛さ。しかしここで手を止めてはいけない。止まったやつは、切り捨てられるんだろ!?泣き叫びながら電話をかけ続けた。続けるんだ続けるんだって、何を続けるんだよ!電話だよ!!!!!!!

13:50 予定枚数終了アナウンス

ねぇオーナー!嘘だよね!?嘘でしょ!嘘って言ってよ…言えよ!なんでみんな何も言わないんだよォ!俺は信じない!!!!!

かけ始め15分に200回ペースだったから2日間合計約9時間で7200リダイヤル…?途中ペース落ちたから6800リダイヤルくらいかな。まただ、まただよ、また電話が繋がったと思いきや予定枚数終了アナウンスだよ。なんでだよ。ねぇライバル、またコウイチに勝てなかったね。辛い…苦しい…無力…敗北感…。好きなやつが振り向いてくれない苦しみ、俺にはわかるんだ!俺もお前も犠牲者だ!お前らみんなそうじゃねぇのかよ!そうじゃねぇよ!ほぼみんなチケット取れてるよ!なんなら複数枚!途中テレビとか見ないで真剣にやったのに!調査目的以外でツイッター開いたりしなかったのに!真面目にやったのに!なんで…………声を上げて泣いた。この年齢になって声を上げて泣くことなどそうそうない。実に久しぶりである。優しい友人が、SHOCK未経験の方に譲ろうとしていたチケットを私に譲ってくれる旨を申し出てくれた。何があっても側にいてくれる。マツザキかな?泣きながら秒でお願いした。「全人類SHOCKを見ろ!と思ってるSHOCK大好きマンなので、見たことない人にチケットが渡るのはとても嬉しい。だから私よりその人を優先させて欲しい」と伝えたはずなのに。なんなら一般発売のずっと前から上田担からFC枠を譲ってもらう約束をしているのに。どの口が。私は汚い人間だ。でもこの仕打ちはあんまりじゃあないか。あの星に手を伸ばし掴み取るその日まで、2日間計9時間推定6800リダイヤル。ライバルが予備の刀を本物にすり替えたのも、コウイチが本物の刀をライバルに渡したのも、ライバルがコウイチを刺してしまったのも、私が友人の好意に甘えるのも、仕方がない…仕方がないんだ………なぁリカ、お前の手で俺のこと殺してくれ。もうそれでしか救われないんだよ…!

 

積まないのは、多名義にしないのは、ファンと自称するほどまでにはいかない*1人のファンクラブに入会しないのは、努力不足と嗤う人もいるだろう。会員規定に沿っているのに、正しいことをしているはずなのに、チケット取れない上に責められるのなんでだろ〜?そうやって勝ち誇った顔、何年見てきたと思う?偉いなぁお前は!(泣いてないもん!)(うそ頭痛で立てなくなるくらい泣いた!)

 

それでもSHOCKが好き。

 

完璧主義のクズなので何かでボキリと折れたらオタ卒してしまうかもしれないと危惧していたが、SHOCKを恨む気持ちはひとつもない。さすがSHOCK、日本一チケットの取れない舞台。愛している。

今回ライバルの気持ちに少しだけ寄り添うことができたような気がする。この日記はSHOCKの台詞を多数引用しているのだが、私の気持ちを表すのはライバルの台詞なのだ。私はいまこんなに悲しいのにSHOCKを憎めない。友情が、憧れが、敬愛が、やがて憎しみに変わり悪意を持ってしまったライバルはどれだけいったいどれだけ絶望していたのだろう。初めてSHOCKを見たときはコウイチに心酔しライバルに対して「何してくれてんねんコイツ」と思うという大変情緒のない見方をしてしまったのだが*2、何をどうしても超えられないハードルに絶望して自暴自棄になる気持ちが少し分かったような気がする。ああSHOCKを見るには圧倒的に人生経験が足りない。何かに本気でぶつかって、超えられない壁に絶望した経験があるか?今回とても悔しくて悲しかったけど、SHOCKのステージに立つ人たちが経験してきた悲しさや悔しさはこんな程度じゃないはずだ。想像を絶する悔しさや悲しさがあったろうに、腐らず前進し続けたあの人たちは本当に凄い。素晴らしいストーリーとパフォーマンス、それを裏づけする演者自身の弛まぬ努力と情熱があるからSHOCKは素晴らしい。生命の輝きだ。ああ私のような人間がチケットを持ってSHOCKを見に行くなんて恥ずかしい。でも私はSHOCKを見たい。足りない脳と足りない経験と汚れた両手で、それでもSHOCKが好きだから、胸を張ってSHOCKを愛していると言えるような人間になりたい。俺達はひとつ苦しめばひとつ表現が見つかる。ひとつ傷つけばまたひとつ表現が作れる、ボロボロになる。その分だけ、輝け…はしないかもしれないけど、ライバルに寄り添うことができる。また別の視点からSHOCKを見ることができる。俺たちの夢は、SHOCKは、これからなんだ!

 

そんな大袈裟なおまえ何やかんや観劇できるやんけと言われたらそれはまぁスマン…という感じなのだが、自力で手にすることが出来なかったことが本当に悲しいし悔しいなぁ。こんな私にチケットを譲ってくれる上田担、他の人に渡すはずだったチケットを譲ってくれると言ってくれた友人、リプライやDMやマシュマロで優しい言葉をかけてくださった方たち、ありがとうございます。歓声と感動を決して忘れないさ!

夢はずっと、夢はずっと、続くと…

 

 

*1:好意はあるが未だ担うことはできない

*2:初見はホラ余裕ないから!回を重ねるにつれライバルに寄り添う見方もできるようになったから!

2019現場記録

1/1

NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE- @京セラドーム

元旦からいきなりはじめましてのグループ。NEWSのコンサートは面白いらしいと小耳に挟んでいたのと、特にこのEPCOTIAツアーは評判が良くて気になっていたのと、意外と定価お譲りいっぱいあったのとで大変軽率に行った。お正月みんな忙しいもんね。はじめて体験したNEWSのコンサートはガッチガチにコンセプチュアルでアルバム発売段階から色々始まっている感。なるほどこの世界観にハマれば何があっても(意味深)永遠にNEWSが好きでいられるだろうなと思った。あとファンが歌うパートいっぱいあってびっくりした。ファンが元気なのはとてもいいこと!秋山大河くんお誕生日おめでとう!

 

1/9 昼

A.B.C-Z 2018 Love Battle Tour 追加公演 @横浜アリーナ

遠征民としては雪が怖すぎるから前乗りで行った。ホテルチェックインしたらプラス千円ちょいでお部屋をアップグレードできると言うので気が大きくなっていた私は軽率にお支払い。

翌朝中華街でお粥を食べたあとチンタラ会場へ向かったら自担の団扇が売り切れた。タッチの差でギリギリ買えて慌てて入場。危なかった。

この頃は絶賛入眠困難期で常にふらふらだったが、アンコールで新曲「Black Sugar」の発表を聞いたときはめちゃくちゃ声が出た。

f:id:abcz12345:20191201023712j:image

アップグレードしたお部屋からの眺め。

 

1/9 夜

A.B.C-Z 2018 Love Battle Tour 追加公演 @横浜アリーナ

昼公演終演後、新曲の会場予約特典が発表され列を成すオタクたちは強い。規制退場負け組の我々は秒で諦めモード。なんとかならんのかコレ。

それにしてもやっぱりアリーナのコンサートっていいなぁ。やれる演出の規模が違う。私は大きな会場で潤沢な予算と共にたくさんのひとに愛されるA.B.C-Zが見たいんだけど、ファンの多数意見は案外そうでもないのかな。難しいね。

帰りも規制退場にひっかかるも「新幹線の終電が!」と言って通してもらった。あの時の警備員さんありがとう。おかげさまでギリギリ間に合ったし、会場予約特典は友達が代理で申し込んでくれた。センキューフォー世界中へとハグ。また横浜アリーナでコンサートをやりますように!

f:id:abcz12345:20191201023916j:image

中華街でなんとなく占いをやったら「あなたは勘がいいから信じなさい」と言われた。その通りだと思う。

 

2/17

滝沢歌舞伎ZERO @京都南座

タッキーは去ったのに滝沢歌舞伎という演目が残ったことに対して複雑な気持ちだったのだが、今年から主演を張るSnowManから滝沢歌舞伎を絶やさぬよう次の世代へ繋げられるよう背負っていく覚悟を感じられて嬉しかった。私の観劇はラウールくん見学後だったのだが、画面いっぱいに写真とダサフォント(いやフォントそのものはダサくないんだけど何であんなにダサイの?)で「ラウール」と紹介される気持ちはどんなものなのか。おそらく思春期ど真ん中であろうラウールくんのことを勝手に心配した。通路側の席だったので、すぐ左を向井康二くんと誰か(ごめん)が駆け抜けていった。山賊スタイル(?)だったのにめっちゃ良い匂いがした。観劇前に劇場近くのあこがれていた喫茶店へ行けた。チーズケーキ美味しかったな。

f:id:abcz12345:20191201024036j:image

スタバが飲む滝沢歌舞伎ZEROですやんと私の中で話題に。

 

3/2

Endless SHOCK @帝国劇場

越岡裕貴さんの怪我により自担・松崎祐介さんがピンチヒッターとして起用された。私は3月のチケットしか持っていなかったため、こっしーに早く復帰してほしい気持ちとザキさんのSHOCKを見たい気持ちがぐるぐる混ざってこの頃は死にそうになっていた。当日、オープニングで投影される「Yusuke Matsuzaki」の文字を見て、ああ今日もこっしーの復活は無いかという気持ちと、なんだかんだ自担のSHOCKを観れるのは嬉しいという気持ちがぐちゃぐちゃになって泣いた。この日のお席は1階A列、つまり最前。一生に一度あるかないかのお席でSHOCKを見れた。めちゃくちゃサイドだったから福ちゃんのフッキングをほぼ真横から見れて嬉しかった。ニューホラで横の出っ張りいっぱいまでアンサンブルさんが出てくる瞬間が大好きで、それを間近で見れたもんだからきっと私はめちゃくちゃ良い顔をしていたのだろう。アンサンブルお姉さんが目を合わせてニッコリ微笑んでくれてとても嬉しかった。なにせ最前だからただでさえ素晴らしいSHOCKの迫力が段違いで一生分泣いた。SHOCKは見れば見るほど新しい発見だらけで、だからこそSHOCKに対してまっさらで新鮮な気持ちでいられる時期に最前で見れてよかった。あの経験は宝物。

f:id:abcz12345:20191201024336j:image

初めて見たその日から私の1年はSHOCKを中心に回すと決めている。

 

3/9

Endless SHOCK @帝国劇場

このブログに何度も登場する貴重な友人(橋本担)と観劇。友人は確かこの日が初SHOCKなのだが、推し不在のはずなのに秋の梅芸へ行き2020のSHOCKもチケット取る気満々。友人と趣味があってとても嬉しい。ふふ。コシオカの復帰を信じているが、そろそろ知らせが無いと絶望的なのでは…?こっしーの復帰を毎日祈る期。帝国ホテルのアフタヌーンティー美味しかった。

f:id:abcz12345:20191201024455j:image

アフタヌーンティーなぜか美味しそうに撮れない問題。

 

3/17

Endless SHOCK @帝国劇場

お金ないのにSHOCKを見るために3週連続往復新幹線で東京へ行くバカ。でも私は悪くない。SHOCKが素晴らしすぎるのがいけない。素晴らしいSHOCKには最高のコンディションで臨まなければならないので(義務)安価な交通手段もあったのだが往復新幹線一択だった。この日は前週の友人がカード枠で当ててくれたチケットで、友人は都合がつかなかったため私がまとめて譲ってもらうことに。どうせならジャニオタじゃない人にSHOCKを見て欲しいと思ったが、やはり13,000円のチケットは非ジャニオタには高いようで数少ない友達は全滅だった。結局レスポンスが早いという単純明朗な理由でSHOCK未経験の上田担に譲ることに。2020年のライバルが上田竜也氏になることをこの頃の私たちは知る由もないが、観劇当時既に水面下で話が上がっていたのかと思うとドキドキする。何が起こるか分からんもんですな。

f:id:abcz12345:20191201024704j:image

来年SHOCKのチケット手伝って!という下心8割だったが、まさかのライバル上田竜也。しかし義理堅い上田担は2020年のSHOCKを当てて全滅の私に譲ってくれるとのこと。圧倒的感謝…!

 

3/30

Sexy Zone LIVE TOUR 2019 PAGES @大阪城ホール

リペコンを譲ってくださった方に「今年は恩返しさせてください!」と名乗り出て連番することに。恩返しさせてくださいといいながら結局2日連続連番するの意味不明でほんとバカなんだけど行きたかったんだもん(シンプル)

去年はいた松島聡くんが不在でさびしいが、聡ちゃん不在の会場に緑色に点灯させたペンライトが沢山あって驚いた。仮に塚ちゃんが同じ状況になったとして、わたしは塚ちゃん不在のコンサートにはたぶん行かない。当たり前に緑のペンライトがつく景色から、Sexy Zoneというグループがいかに強く大きく愛されているかよく分かった。スタンド1列目でお誕生日のマリウス葉くんとハイタッチできた。とても嬉しかった。

 

3/31

Sexy Zone LIVE TOUR 2019 PAGES @大阪城ホール

連番してくださった方のおかげでアリーナコンで初めてアリーナに入った(日頃のチケ運の酷さ) しかもセンステ間近。自分の頭上を走るレーザーを見て、アリーナってすごいな!と思った。語彙力。Sexy Zoneはほんと曲も好きだしメンバーもみんないい子だなぁ。この人たちはSexy Zoneという新しい概念を創ってる途中なんだなと思う。イジリという名の虐めにしか見えない行為とか、なんでもかんでもカテゴライズして当てはまらないものを見下す風潮とか、なんとなく生きづらくしている正体不明のアレコレを、この人たちなら優しく払拭してくれるんじゃないかって期待してしまう。わたしはSexy Zoneに天下をとって欲しい。あとUNSTOPPABLEめっちゃスキ。

 

4/7

トリッパー遊園地 @大阪松竹座

久々に寒気がする舞台を見た。近頃私の中でふみたつが激アツなので(あとSASUKEの応援にきてくれた河合くんありがとうの気持ち)若干評判悪いのが気になるけど譲ってもらうチケットはB席で安いし行ってみようと思って。ぬかった。雑な設定、謎の倫理観、寒すぎるメタ、たまに崩壊する日本語、物語の筋に本当に必要だったのか疑わしい役、つまらない日替わりネタ、突然失われる目的…なるほどこれが虚無。6,000円はもういいから私の2時間半を返してくれ。3階最後列ということもありはじめてスタオベを拒否した。というか、虚無のあまり立てなかった。でもふみたつ一緒にお仕事できてよかったね。ふみととゆうだいゎズッ友だょ♡

 

5/12

良い子はみんなご褒美がもらえる @フェスティバルホール

トリッパーでえぐられた心を癒してくれた良い子。橋本良亮くんの支離滅裂な台詞に最初は「???」だったけど、あ、これ内容を突き詰めようとしたらいけないやつ!と気づいてからは楽になった。やはり役者橋本良亮くんは素晴らしい。何が真実で何が頭の中の出来事なのか分からないけれどもそんなことは重要ではない。始終不思議な感覚だった。あああとカーテンコールでゴチャゴチャ無駄話しないところもよかったな。なぁトリッパー 遊園地さんよぉ?(根に持つ) この難役を演じた経験が役者橋本良亮の糧となり、未来永劫輝きますように。

ちなみに確かこの辺りで頻出する橋本担の友人と五つ星を求めて台湾へ行く。

f:id:abcz12345:20191201033057j:image

塚田担なら秒で分かるあの壁。

 

5/22

キンキーブーツ @オリックス劇場

とても素晴らしかった。初演時に駅に貼ってあったポスターを見て衝撃を受け、当時別界隈のおたくで観劇の経験はほぼなかったがチケットを探して見ようとした。結局初演時は観劇に至らなかったが、まさかの再演。公式HPの先行で申し込んだら無料枠の割にいい席がきた。華やかな出演者とセット、美しいメッセージ、心揺さぶられるナンバー、音と色と光の洪水。ああーーーやっぱいいものはいいなあ!再再演あったら絶対行く。やはり私は三浦春馬が好き過ぎるしソニンちゃんに惚れた。また何かで見たい。

 

7/20 昼

SHOW BOY @シアタークリエ

以前日記に書いたのであっさりと。ああ久々に出逢ってしまった。私はきっと死ぬまでこの演目を愛する。一目見ただけで確信が持てる作品。あまりの面白さに初見なのに一時停止してワンワン泣きたくなった。

f:id:abcz12345:20191201114847j:image

GACHIぶりのクリエちゃん。お久しぶり。

 

7/20 夜

SHOW BOY @シアタークリエ

昼は下手側前列だったのでスクリーンに投影される映像がよく見えなかったが、今回は上手側中列だったためスクリーンの映像もきちんと見えた。船の断面図に気付いてニヤニヤした。

f:id:abcz12345:20191201115056j:image

ヤルシカナイネ!

 

7/28

SHOW BOY @シアタークリエ

ハイ出たお金ないくせに2週連続往復新幹線で東京へ行くバカ。3月から何一つ成長していない。この日はいわゆる東京楽で、カーテンコールの福ちゃんの言葉に割と人生単位で救われた気がした。以前日記に書いてあるので割愛。

f:id:abcz12345:20191201032321j:image

そういえばクリエ楽って初めてだな。

 

8/3

SHOW BOY @名古屋市公会堂

この日はとても暑かった。溶ける溶けると思いながら会場併設のカフェでレモネードを飲んだ。この演目はオムニバス形式だからメンバーバラバラに練習してた時間が多かったらしいけど、それを繋げたら素晴らしいストーリーになるってなんか今年のふぉ〜ゆ〜みたいでとても素敵だな。絶対また見たい!たまに他担の人から「SHOW BOY見てみたかったんですよね」と言われるのだが、必ず「大丈夫、再演します」と答えている。あんまりナチュラルに言うから「えっ決まってるんですか!おめでとうございます!」と言われる。決まってない。ふつうに嘘、いや妄想である。でも絶対にSHOW BOYは再演する。あんなに素晴らしい物語を1回で終わらせる訳がない。

f:id:abcz12345:20191201032201j:image

地方公演は手作り感溢れててよい。

 

8/4

番組協力「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」@渋谷NHKスタジオ

おい地方在住のババアは番協当たらないんじゃなかったのかよ!?!?!?とブチ切れた。なら応募すんなよ。てことで前日の名古屋からそのまま新幹線で東京へ行って一泊。遠征のハシゴ。エチュード形式で進むのだが、最初は欽ちゃんにハマっていなかった塚ちゃんがどんどん対応力をつけていく姿を見た。プロフェッショナル自担の流儀。個人的には別にハマる必要はないと思うのだが、塚ちゃんがとてもいい子だということが伝わった気がして満足。自担のお姫様抱っこを間近で見れたのはとても自慢。実際当たったら大変だったので軽い気持ちで番協に応募するのはやめようと誓った。

f:id:abcz12345:20191201032506j:image

番協ってツイッターじゃ言えないからジョイポリス目当てで遠征した人みたいになっていたが、実はついでであった。

 

8/17

KAT-TUN LIVE 2019 IGNITE @大阪城ホール

初めてのKAT-TUNのコンサート。SHOCKに誘った上田担に連れて行ってもらった。うれしい。KAT-TUNは特効が凄いと聞いていたが、しょっぱなから爆発音とは聞いておらずギャーと叫んで始まった。序盤は期待通りのザ・KAT-TUNのコンサートでワーイとテンションぶちあがり。コンサートが進むにつれKAT-TUNの幅の広さを感じた。オフィシャルでガチ恋口上できる話題作「We Are KAT-TUN」、なんてお洒落なんだと衝撃を受けた亀梨くんソロ、「クロサンドラ」で締めるラストは多幸感あふれてとても好き。いろんな色を見せてくれたけどやっぱり全体的にKAT-TUNカラー。さすが時代を築いたグループはブランディングが確立している。ちなみに私が大好きな「お疲れサンクス」はコンサートで一度もやったことがないらしい(なんで)(やってよ)

上田くんのソロはお客さんとのラップバトル(挙手制)と聞いていたが、メンステから嵐の櫻井くんが出てきてびびった。なので私は通常の上田くんソロを知らない。

f:id:abcz12345:20191202005641j:image

囚われのダイナマイト。これでYou&Jのコンサートは履修完了(?)

 

8/19

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @名古屋国際会議場センチュリーホール

今年もコンサートの季節がやってきた。発表が遅くて焦り、日程がギュギュッと詰まった上に平日祭りで焦った。が、なんとかしてしまうのがオタク魂。この日を皮切りにVS.会社の日々が始まる。この日は半休を取って午後から新幹線で名古屋へ。今年は気合を入れてデルサタ団扇を作ったが、今年の名古屋はデルサタ感薄かった。デルサタさんいつもありがとうございます。ふみぽよにツボってヒィヒィ言いながらお腹痛くなるくらい笑った。

 

8/23

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @広島文化学園HBGホール

有給取ってはじめての広島。横に広くて後列や2階でも遠さを感じないとてもいいホールだった。去り際にぴょこっと体を傾けてこっちを見てくれたの嬉しかったな。広島のお好み焼きがとても美味しかった。平和記念公園に行けてよかった。

f:id:abcz12345:20191201031158j:image

私のお昼ご飯とてもイカしてるから見てぽよでござる!

 

8/26

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @ロームシアター京都メインホール

半休で京都へ。在来線で行ける有り難さ。4階か5階くらいまであって面白いホールだった。アンコールで自分がいる階に塚ちゃんが来て喜んだが、マジ一瞬で去って笑った。

なぜこの日の記憶があまりないのか気になってツイッターを漁ったら、この日は10周年イベントの当落日だった。何時に発表されるか分からない上に落選者には通知なしの当落に怯えながらツイッターを監視する1日。結局公演中に当選メールが届いており、京都に入ってる勢は公演終了後に当落が分かるという鬼仕様。この日も例の橋本担と連番だったのだが、2人ともずっとメンタルが死んでいた。2人とも当たってよかった。現場の日に当落発表やめてください。切実に。

f:id:abcz12345:20191201031646j:image

同日近隣で吉沢亮のファンミーティング?があった模様。

 

8/27

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @神戸国際会館こくさいホール

フレックスタイム制度を使いフルで働いたあとそのまま神戸へ。一般チケットが売れ残っていたことに心を病み、職場のドルヲタ(男性)×2に「チケット代私が出すんで来てください!」と誘った。私のチケットはFCで抑えていたので席はバラバラ。今までで一番悲しいことが起きた会場で今までで一番嬉しいファンサをもらった。とても嬉しかった。

 

8/28 昼

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @神戸国際会館こくさいホール

有給。ところで今年のコンサートめちゃくちゃ好き。アルバムの段階からいいなー!と思っていたらコンサートはもっと良かった。またあのレーザーを見たいなぁ。3階だったんだけど、アンコールで目を合わせて笑ってくれた。嬉しかった。昼夜間で知り合いの繋がりで中国から来た五関担と話す機会があった。ワールドワイドコウイチゴセキ。この頃は体力の限界で前からしていた約束をブチったり公演中フラフラしてしゃがみ込んだりしていた。危ない危ない。

 

8/28 夜

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @神戸国際会館こくさいホール

2階。アンコールのお立ち台目の前の席でびっくりした。河合くんだった。私のことはいいから河合担にファンサしたまへ…と思いながら次々と繰り出されるファンサをぼーっと眺めてへぇーすげぇー(他人事)って思っていたらマジ目の前にいるのに一回も目が合わなくて笑った。プロだな。うーんなんか態度悪かったかもしれないけど疲れてたんだよ。この回も公演中何度かフラフラしてしゃがみ込んだ。なんかごめん。

ちなみに神戸公演は1名義で3公演当選したのだが、1.2.3階綺麗に分かれて気持ちよかった。

 

9/2

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @グランキューブ大阪

家から徒歩圏内の会場で嬉しい。余裕綽々でフレックスタイム制度を使いコンサート会場へ。相変わらず体力の限界でこの日の記憶があまり無い。1週間後、アフターで食べた鶏肉で食中毒になる。おたくに一番必要なのは健康と体力説を推していきたい。

 

9/3 昼

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @グランキューブ大阪

有給。例の橋本担と会場近くでお寿司を食べてから出動。とはいえ連番じゃないのほんと笑う。と思いきや、偶然にも連番だったことが終演後に発覚。(友達)(友達連れ)(私連れ)(私連れ)(私)だったから気がつかなかった。終演後、塚ちゃんの素敵なファンサを見た!と友人がLINEをくれて、あれ?それ私も見たよ?となって発覚。こんなことってあるんですね。お立ち台の上からニッコリ笑ってペンライトをシャカシャカ振ってくれて嬉しかった。

f:id:abcz12345:20191201023500j:image

市場の中のお寿司屋さん。めちゃウマ委員長。

 

9/3 夜

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr @グランキューブ大阪

はじめての4連。だいたい単番いって2連なので、4連はとても新鮮で楽しい。アンコール、歌唱パート終わりの0.5秒でタッチするためにマイク持った手をこちらに近づけてくれて嬉しかった。ファンサって向こうからしたら何の意味もないことは重々承知だけど、それでもこんなに嬉しくなっちゃうからアイドルって凄いな。私のゼファーはこれで終わり。終演後、メンバー全員のうちわを並べるっていう所謂おたくっぽいことができて嬉しかった。今年のコンサートも最高であった。

f:id:abcz12345:20191201023357j:image

私のうちわだけ主張強い。

 

9/15 3部

A.B.C-Z結成10周年プレミアムイベント「A.B.C-Z PREMIUM EVENT 〜俺とお前の10年間〜」@大阪某所

いやはや、当たってよかった。外れたら真剣に病んでいたかもしれない。これ系ほんと病むから私はジャニオタ向いてない。

「これから死ぬまでご飯とパンどちから片方しか食べられないとしたらどっちを選ぶ?」という問いに対してなかなか答えない塚ちゃんがとても可愛かった。最終的に「おにぎりの具をパンにするかサンドイッチにご飯を挟むか…」と言い出して、人類みな塚ちゃんだったら戦争はなくなるに違いないと思った。お見送りのハイタッチは爆速だったけど、謎に前がつかえて塚ちゃんの前で立ち止まることになったのツイてたな。

 

9/18

Endless SHOCK @梅田芸術劇場

18時開演だと定時退社でどう考えても間に合わないので、私が所属するチームもフレックスタイム制度の利用を認めてもらうよう会社に掛け合った。おかげさまで平日夜公演も狙えるように。(そしてその権利をゼファーでも有効活用) にも関わらず、やはりSHOCKは当たらない。カード枠皆無カンテレ枠全滅で泣いたのだが、チケツイを見つけてはDMを送りまくってきちんと定価で譲ってもらえることに。譲ってくれたのはトラジャ担さんが多かった。トラジャのイメージアップ。ジャパネスクの終盤で階段に追い詰められる松松はとても可愛いしのえる先生はなんかもういろいろ素晴らしすぎて心の中で勝手に先生と呼んでいる。

f:id:abcz12345:20191201033410j:image

定価以上取引やイレギュラー交換で主にトラジャ担が叩かれていたけれど、私はそうじゃないトラジャ担とご縁があって嬉しかった。

 

9/23

Endless SHOCK @梅田芸術劇場

唯一自力で当てたチケット。しかもふぉ〜ゆ〜名義。奇跡か。譲ってもらったチケットはA席(3階)だが、このチケットはS席だ!と思いきや2階最後列で笑った。でもSHOCKはどの席で見ても素晴らしい。最前でも逆最前でも見た私が言うから間違いない。

例の橋本担と。彼女は自担不在でもすぐ遠征するから最高。2人して辰巳くんにめろってステフォ買った。

f:id:abcz12345:20191201033930j:image

友人と架空デルサタ。

 

9/24

Endless SHOCK @梅田芸術劇場

2日連続で現場なのは少し反省していると思いきや全くしていない。やはりSHOCKは最高だ。そんな最高の現場が近所でやってるんだから力の限り行くしかない。今回は九州から飛行機で来た方に譲っていただいた。3階中列で階段上で斬られるコウイチの血しぶきがほぼ見えなくて、幕間に「今年は血が少ない…!」と驚いてらしたが、違うんです!死角なんです!我々には見えないだけで血は飛んでいます…!逆に梅芸3階最後列から見たらどんな風に見えるんだろう。

f:id:abcz12345:20191201034205j:image

いつだって完売御礼。

 

10/2

Endless SHOCK @梅田芸術劇場

私のSHOCK2019千穐楽。今年の梅芸は3階から見ることが多かったが、自担・松崎祐介さんは必ず2階と3階を舐めるように見るタイミングがある。優しい人だなぁ。

いつか自担不在のSHOCKも見てみたいと思っていたが、今年は思いもよらぬ事態で叶わなかった。滅多なことは言うもんじゃないと反省した。2019年の帝劇は複雑な気持ちだったが、2020年のSHOCKは越松ふたりとも正式に続投とのことで嬉しい。自担としている人がこの素晴らしいエンターテインメントに関わっていることがとても嬉しい。自担がいるSHOCKを見れることがとても嬉しい。2020年のSHOCKも楽しみだなぁ。ビバマツありますように。

f:id:abcz12345:20191201034347j:image

ありがとう梅芸。

 

10/22 昼

ABC座 ジャニーズ伝説2019 @日生劇場

まあ今年はジャニ伝だよね知ってた。パフォーマンスは素晴らしいのにやっぱり内容おもんな!と思った2018年だが、今思えば2018年はまだマシだった。

オープニングと巨大装置以外は心が死ぬ…と思いながら見ていた。‪これを演じている彼らに疑問はないのだろうか。まぁあっても見せないのがプロか。1幕の「こんなに好きなことを自由にさせてくれて、信頼してくれてありがとう」みたいなくだりを見てウーンと思っちゃって、A.B.C-Zももうそろそろ自由になっていいんじゃないですかね。‬これまで彼らを守る盾だと思っていたけれど、もしかしたら枷なのかもしれない。‪自分がジャニオタになったことに特に意味や意義は感じておらずたまたま好きになった人(好きになった人)(笑うところ)がジャニーズ事務所所属タレントだったっていうただそれだけなのでバイアスなどは特にかからず演劇としてシンプルにストーリーが面白くなくて感情移入の余地が皆無。その上今年はアドリブタイムがまぁ酷い。この時間は何…?と何度も思ったし、噂のハイパーテルヒコタイムが癒しの時間に感じるくらい今年のジャニ伝は酷かった。いやほんとハイパーテルピコタイムに対して去年まで白目むいてたのに今年は「ヨッ待ってました!」って思ったからね。‪突然のエアギターイカしてたよ。2幕もなんだかなぁ。曲がひとつひとつ短すぎるからかな、ジャズアレンジじゃないからかな、去年一昨年は1幕のアレさを帳消しにする2幕だったけど今年は…。巨大装置は泣いちゃうくらい素晴らしいけど、総合的にスタオベしたくなかった。‬

f:id:abcz12345:20191201034605j:image

観劇前に築地でいくら丼。この頃はアクスタを出す余裕があったが、あんまりの酷さに昼夜間はどうやって過ごしたのか記憶も記録もない。

 

10/22 夜

ABC座 ジャニーズ伝説2019 @日生劇場

あんまりの酷さに昼公演のあと誰かにチケット譲って帰りたかったのだが、交換してもらったチケットなのでそう言うわけにもいかず。せめて推しジュニアでも作るか…と思ってまじまじ見たら林拓音くんが可愛かった。私が可愛いと思う子はだいたい後列や端っこにいるからほんと私はたまたま好きになった人がジャニーズ事務所所属なだけでジャニーズ事務所そのものにはハマっていないんだなと思う。だからジャニーズ事務所の歴史をなぞるジャニーズ伝説は私にとって面白くなくて当然なのだ。本当に?面白い作品ならこちらに興味を持たせるだけのパワーがあるんじゃない?と、嫌なループに入るので無理やり締めよう。来年以降のABC座は面白い新作でありますように。あるのか知らんけど。

 

11/16

ふぉ〜ゆ〜 Winter Paradise 2019 ~ふゆパラ~ @東京グローブ座

待ちに待ったふぉ〜ゆ〜のコンサート。以前ブログに書いたのであっさりと。この日は福田担、松崎担(ワイ)、辰巳くんに落ちかけの人、推し不在だけどふぉ〜ゆ〜に好感を持っている非ジャニオタで4連。通路から2人目だったのだが、隣の知らない人が福ちゃんに腰を抱かれて驚いた。その人を抱くために回された福ちゃんの手の甲が私の脇腹に当たってラッキースケベヒャッハー。スタンドマイクなのに直立不動で歌うザキちゃまを見て愛おしさが爆発、すごく変な声が出た。それを隣で聞いた友達は「この人めちゃくちゃザキさんのことが好きなんだ…!」と思ったそう。

求めていた銀テープは飛ばなかったが、終演後の高揚感は今まで手にしてきたどの銀テープにも勝っており、キラキラ輝いていた。

f:id:abcz12345:20191201034805j:image

オタクとしてデキすぎる推し不在の友人は指定せずともペンライトを赤に変えた。

 

11/17 昼

ふぉ〜ゆ〜 Winter Paradise 2019 ~ふゆパラ~ @東京グローブ座

例の(例の)橋本担と。彼女は福ちゃんにめろってるけど辰巳くんってさぁほんと…って感じでポッポしている。なぁ友人、ザキはいいぞ!

お席は1階最後列最上手or最下手(にごす) 1列前の4連がうちわ2枚持ちクソ迷惑団体なのにファンサがっつり貰っててめちゃくちゃうざかった。うちわに手作りっぽいメンカラ蝶ネクタイを付けたあいつら許さん(にごさない)

今回は交換してもらったチケットで交換先と連番。その方(ザキ担)の手作りうちわがマジ解釈の一致過ぎてとても嬉しかった。塚田担としての私はほぼほぼ同担拒否状態なんだけど松崎担としての私はめちゃくちゃ同担ラブで自分でも不思議。たぶん解釈が一致する塚田担が少ないんだと思う。

福ちゃんがこっちに来た時に固まってしまって友人と席を交代しなかったことめっちゃ後悔してる。キスミスだったかな、ザキさんがどう考えてもこっちを見ながら歌ってくれて嬉しかった。

f:id:abcz12345:20191201115934j:image

お会いしたことがある方は分かると思うが、我々はうちわをデコるようなガラではない。やってみたかっただけ。

 

11/17 夜

ふぉ〜ゆ〜 Winter Paradise 2019 ~ふゆパラ~ @東京グローブ座

例の橋本担と。LINE LIVEの収録が入ってて嬉しかったし、公開されたとき自分をめっちゃ探した。うつってた。ワーイ!キスミスの君が欲しい0ズレでめちゃくちゃいい景色だった。

「愛と勇気とチェリーパイ」がすっごく素敵だから序盤からずっとペンライト振りながらリズムに合わせて首を左右に振っていた。そしたらこっしーが0ズレの位置でわたしと同じようにリズムに合わせて首を左右に振り始めてこッッッッッこしおかさん!?!?まだペンライトを振るところじゃありませんよ!?!?いや首振っとるだけ?!?!?リズムに合わせて首を振る時ってふつう最初は右じゃないですか。時が(右)僕たち(左)をーた(右)めしてる(左)だーけーみたいな(伝われ)でも越岡さん左右逆だったから、やっぱりあれは…………わたし……なのでは….…めろ…全ての女を狂わせるボーイ越岡裕貴さん…いやでもなんというか邪な気持ち一切無くあの曲と空間を楽しみながら首を左右に倒してリズム取ってたからさー今すっごくたのし〜〜〜〜!って気持ちが伝わったのかなぁ、だとしたらとても嬉しいな。そこまで前列ではなかったから余計に驚いた。まさかのこしめろに終わったふゆパラだった。ふぉ〜ゆ〜ほんといいグループ、みんな好き。

f:id:abcz12345:20191201115739j:image

この回の黒板アート可愛すぎて泣いた。

 

11/23

放課後の厨房男子 リターンマッチは恋の味 篇 @松下IMPホール

ごめん去年から思ってたんだけどやっぱり好きじゃない。来年あったらもう行かなくていいかな。作品を楽しめない時って作品が悪いパターンと自分が悪いパターンがあると思うんだけど、これは半々ではないでしょうか。私だって楽しめるもんなら楽しみたいから楽しみ方のコツを教えてほしい。あれは何がどう面白いの?どこが笑えるの?本当に心から分からない。私以外みんな笑ってるけど何が面白いのか本当に分からないし違う言語でやっているのか?ってくらい頭に入ってこない。なんで?こっちが聞きたいわ。結局最後まで世界に入っていけなくて終盤はなぜかミコちゃん先生を見ていた。すごく可愛かった。序盤のザキさんの声の演技はすごく良かったので、出来ることならそこだけ掘り下げたい。(包丁の語源を説明するために1人3役くらいやるところ)

ちなみにデル戦とトムジェリも行ってないのだが(ごめんねザキさん…)デル戦は完全に私が悪いパターンでトムジェリは作品(モ)が悪いパターンだと思っている。前回のデル戦はさくらホールまで見に行った。ちゃんと面白かったけど、とにかく趣味じゃないの…。

 

12/22 昼

ENTA!2@Zepp Namba

1年ぶりに帰ってきたENTA!去年は何故か名古屋からペンライト解禁でややキレた。(だって去年大阪センブロ最前だったんだもん…まぁペンライトなくてもファンサ貰ったけどな!フン!) (途中変更やり過ぎて公開リハかよ)そして今年は団扇を使うとアナウンスしておきながらしれっとその話がなくなっていた。グダグタだな。ここのスタッフをエンタちゃんと呼び愛でるのがファンの間でブームのようだが、わたしはあまり好きになれない。

ゲスト発案で会場全部を使って鬼ごっこごっこなのに本気で走るふぉ〜ゆ〜はとても微笑ましかった。鬼ごっこ終了後に息を切らした福ちゃんが斜め後ろの空席に座った。至近距離で見るのは初めてではないが、私が福ちゃんを至近距離で見る時はなぜかいつもあの胡散臭そうな笑みを浮かべているので、真顔の福ちゃんをこの距離で見るのは初めて。真顔の福ちゃんはとても綺麗で、ああこんな綺麗な人がこの世に存在するのかとしみじみした。近すぎる上に目線の高さが同じだから全く現実味がなかった。コントのお母さん役で女装をしたザキさんはとても美人だった。高畑淳子さんがちらついたのは髪型のせいだろうか。

f:id:abcz12345:20191230172145j:image

隣のヤマダ電機で電池買ったら8本1000円で泣いた。いくらなんでも高くない?電池の相場理解…

 

12/22 夜

ENTA!2@Zepp Namba

今年最後の現場。今年は滝沢歌舞伎もSHOCKも当てたからカウコンも当たると思ってたんだけどな。とはいえENTA!もまた今年の締めくくりに相応しいいい現場だった。スタッフにやや文句はあるが(ツイッター馴れ馴れしくて寒いとか)(まだ言う)ENTA!という演目は好き。

ゲスト発案でザキさんの目隠し体験。福ちゃんの声を聞いたら安心するという発言と、口に近づけたら何でもモグモグ食べちゃうところに行き場のない母性が爆発して泣いた。

今回で新曲が2曲も増えたし、幻の曲どしゃぶりヒーローが帰ってきた。私がふぉ〜ゆ〜を好きになったのってほんと最近なのに、あの頃では想像できないくらい色々変わったなぁと改めて驚く。だって今回のENTA!ジャニーズの先輩の曲使ってないんだよ!すごい!

今回でThank You For Your Loveのこと改めて好きだなーって思った。「全てを捧げて君を守るから」って歌詞がとっても嬉しい。全てを捧げる覚悟でアイドルをやってファンの日常にある辛いことや悲しいことを忘れさせて守ってくれるのかなーって、そんなすっごい覚悟にもかかわらず明るいメロディーとコミカルな振り付けなのがなんかもう凄くふぉ〜ゆ〜らしいなぁ。これまでたくさん辛いこと悲しいことあったろうに、それをネタとして笑い飛ばしちゃう(そしてネタとしてちゃんと面白い)ふぉ〜ゆ〜は凄い。ふぉ〜ゆ〜を好きになれて幸せだなぁとしみじみしちゃったのです。

 

来年もマイペースに楽しく、時に文句を言いながら現場に通うのでしょう。来年は久々に塚ちゃんの単独現場があるといいなぁと密かに期待している。大好きな皆さま、2020年もよろしくねー!