忘れたくないから日記を書く

ジャニーズ初心者のブログ

Endless SHOCKのチケットを自力で手に入れることができなかった弱いおたくが泣き狂う

泣いてないもん選手権、今なら勝つる。

 

f:id:abcz12345:20200113125131j:image

 

私はEndless SHOCKを愛している。泣いた。震えた。動悸息切れ呼吸困難。人生への影響甚大。初めて見た時、ああ私はこれに出会うためにジャニオタになったのだ。そう確信した。私には自担とする人が現在2人いる。うち1人はほぼレギュラーのように出演しているが、そんなことは関係ない。私はEndless SHOCKが好きなんだ。初めて見たその時から、私の一年はSHOCKを中心に回すと決めている。

これはただ「SHOCKのチケットを自力で手に入れることが出来なかった女の嘆き」である。ここから得られる情報などは全くない。これを読んでくださっている皆様におかれましては、下には下がいると言うことで安心していただければこの9時間の徒労も無駄ではなかったかなと思っている。自己肯定感までガリガリ削がれている。2日間フルで電話して1枚もチケット取れなかったの私くらいじゃない!?

 

12月6日(金)  FC会員枠当落日

全滅だった。1年間何も当てていないKinKi枠、ジャニーズJr.情報局、ふぉ〜ゆ〜メール会員、全て落選だった。情報局とメール会員は仕方がないが、KinKi枠もダメか…。申し込みの規定通りに申し込んだのに。何も欲張らない平日狙いだったのに。さすがEndless SHOCK…日本一チケットの取れない舞台。これも想定の範囲内というやつだ。一般カード枠で取ればよい。とはいえKAT-TUNのファンクラブでの当選報告多いな…。作っておけばよかったのか?

 

1月11日(土) 一般発売日

09:30 起床

共にSHOCKへ行こうと約束している友人とLINEにて最終確認を行う。

10:00 電話開始

iPhoneのリダイヤルは200回でカンスト。15分で200回のペースでリダイヤルしていることを確認。マツザキ、刀の確認しとけよ。

11:30 昼食

お腹が空いて餅を喰らう。もちろん片手でリダイヤルしながら。本当はバター醤油がよかったが、バターを取るには両手が必要だったので仕方がなく醤油のみ。

12:00 友人から繋がったとの連絡

さすが友人…SHOCKもドリボもジャニアイも一般で取るっょぃ女。しかし友人には最優先で譲る相手がいるのだ。友人の友人(notジャニオタの観劇好き)がSHOCKに興味を示しているらしい。友人からは去年めっちゃ譲ってもらったし、全人類SHOCKを見ろ!と思ってるSHOCK大好きマンなので、見たことない人にチケットが渡るのはとても嬉しい。だから私よりその人を優先させて欲しいと伝えてあった。まだ諦めていない、自分の分は自分で取る!去年の恩を返す!俺は俺だ!

13:00 JCBに狙いを定める

そろそろメンタルがやられ始める。疲れたときは、休めばいい。オーナーの言葉を胸に、5分だけ目を瞑りCN狙いからJCB狙いに切り替えることに。

14:00 本格的にメンタルがやられ始める

個人的に14時の壁というものがある。ここからが本当の地獄だ。メンタルが完全に死なないように片手で拭き掃除をする。この狂った頭に記憶が残っている限り、午前中に繋がった試しがないから私は午後からの参戦でいいのでは?などと弱音を吐き始める。端末が悪いのか、電波環境が悪いのか、生か、死か、どちらが男らしい生き方か、とにかく何かのせいにしないとメンタルが死んでしまう。

14:45 友人から励ましの連絡

有難い。みんながいるから走ることができた!俺たちの夢、お前たちの夢はこれからなんだ!途中ツイッターで残席状況の確認をする関係で、翌日エポス枠があるらしいと知る。知らなかった。この件に関して友人に調査依頼を出す。もしエポスカード枠が翌日且つ即日発行可能だとしたらその時は…分かってるな?\イクゾォォォォォ!/

15:35 ナビダイヤルでお繋ぎします

もう半泣き。例年のペースだとJCBは17時近くまで残っているので、まだチケットは残っている。不慮の事故などで途中で電話が切れなければ手に入る。ツイッター情報によると、もう2月のA席しかし残ってないらしい。ん?ペース早くね?ガイダンスに従い汚れた両手で…ではなく、震える右手で2月のCコードを入力。

「ご入力いただきましたチケットは、予定枚数を終了しております」

「は?」

入力ミスか?もう一度入力するも結果は同じ。意味がないと分かりつつも3月分のCコードを入力するも、繰り返される予定枚数終了のお知らせ。リカお前は黙ってろ!!終わった……………………………そんな……嘘だ……例年ならまだ残っている時間帯じゃないか………コウイチが……死んだ?

ツイッターにて予定枚数終了の裏を取る。本当にオタクはツイッターが好きだな。自分の耳で聞いた情報よりツイッターかよ。逃げないで!もう一度よく考えて!とリカ(ツイッター)が教えてくれた。咄嗟に掴んだコウイチの手は冷たかった。本当だった。電話口で予定枚数終了を知ったのは初めてだ。絶望して死ぬ。というか、終了したならすぐに回線ブチ切ってくれよ…コウイチ(ナビダイヤル代)を返してよ…どうして…わたしドコモ継続15年以上のプラチナステージなのに…アレかな…ドコモ大好きだと悟って気を利かせてNTTアナウンスを聞かせてくれてたのかな…ファンサかな…(※電話の繋がりやすさとプラチナステージは一切関係ありません)

15:40 友人に予定枚数終了の報告

慰めてもらい、調査依頼を出していたエポスの詳細を受け取る。コウイチの手の冷たさに全てを悟ったリカを抱きしめるオーナーのような包容力。ありがとう友人。エポスカード、審査さえ通ればお近くのマルイで即日発行可能…土日対応!セクシーコマンドー外伝すごいぜエポスカード

16:00 ランボー怒りのエポスカード即日発行

エポスカードだ…エポスカードをよこせ!代わりに俺の個人情報をくれてやる!エポス枠って去年はJCBと同じ日じゃなかった?完全にスルーしてたわ。気付いてよかった。電車に乗ってなんばマルイに駆け込み、無事審査に通る。エポス、それは、君が見た光。僕が見た希望。大空が美しい、それはきっとそうさ、僕らがいるエポスカードがあるから。

 

1月12日(日) エポスカード枠発売日

(雨)あれから1年、コウイチは病院のベッドで寝たまま…。極悪非道な人殺しに復讐せよ!これほど醜く、卑劣な殺人はない。誓え!復讐を!剣にかけて誓え!この世は雑草の伸びるままに任せた荒れ放題の庭。胸のむかつくような者だけがのさばり蔓延っている。だが…

『殺されたはずの俺は生きている』(エポスカード枠!)

10:00 電話開始

さすがに2日目で心が疲れているので片手で拭き掃除、片手でリダイヤル。15分200回ペースは崩れず。よかった。これでメンタルを保ちながら電話を続けることができる。続けるんだ続けるんだって、何を続けるんだよ!電話だよ!!!!!!!

12:00 昼食

昼食は前日に用意しておいたじゃがりこたらこバター味。片手で食べられるぜ!

13:00 メンタル崩壊

次々とチケットを手にし離脱するタイムライン。いい加減涙が出てきた。掃除も辞めてリダイヤル一本に絞った。辛い、辛過ぎる。自分の身の回りにいると思っていた人たちがHigherで次々とコウイチのもとへ戻っていくような、雨の日も風の日も目を覚さないコウイチがいる病院に通い外から病室の窓を見つめような、そんな辛さ。しかしここで手を止めてはいけない。止まったやつは、切り捨てられるんだろ!?泣き叫びながら電話をかけ続けた。続けるんだ続けるんだって、何を続けるんだよ!電話だよ!!!!!!!

13:50 予定枚数終了アナウンス

ねぇオーナー!嘘だよね!?嘘でしょ!嘘って言ってよ…言えよ!なんでみんな何も言わないんだよォ!俺は信じない!!!!!

かけ始め15分に200回ペースだったから2日間合計約9時間で7200リダイヤル…?途中ペース落ちたから6800リダイヤルくらいかな。まただ、まただよ、また電話が繋がったと思いきや予定枚数終了アナウンスだよ。なんでだよ。ねぇライバル、またコウイチに勝てなかったね。辛い…苦しい…無力…敗北感…。好きなやつが振り向いてくれない苦しみ、俺にはわかるんだ!俺もお前も犠牲者だ!お前らみんなそうじゃねぇのかよ!そうじゃねぇよ!ほぼみんなチケット取れてるよ!なんなら複数枚!途中テレビとか見ないで真剣にやったのに!調査目的以外でツイッター開いたりしなかったのに!真面目にやったのに!なんで…………声を上げて泣いた。この年齢になって声を上げて泣くことなどそうそうない。実に久しぶりである。優しい友人が、SHOCK未経験の方に譲ろうとしていたチケットを私に譲ってくれる旨を申し出てくれた。何があっても側にいてくれる。マツザキかな?泣きながら秒でお願いした。「全人類SHOCKを見ろ!と思ってるSHOCK大好きマンなので、見たことない人にチケットが渡るのはとても嬉しい。だから私よりその人を優先させて欲しい」と伝えたはずなのに。なんなら一般発売のずっと前から上田担からFC枠を譲ってもらう約束をしているのに。どの口が。私は汚い人間だ。でもこの仕打ちはあんまりじゃあないか。あの星に手を伸ばし掴み取るその日まで、2日間計9時間推定6800リダイヤル。ライバルが予備の刀を本物にすり替えたのも、コウイチが本物の刀をライバルに渡したのも、ライバルがコウイチを刺してしまったのも、私が友人の好意に甘えるのも、仕方がない…仕方がないんだ………なぁリカ、お前の手で俺のこと殺してくれ。もうそれでしか救われないんだよ…!

 

積まないのは、多名義にしないのは、ファンと自称するほどまでにはいかない*1人のファンクラブに入会しないのは、努力不足と嗤う人もいるだろう。会員規定に沿っているのに、正しいことをしているはずなのに、チケット取れない上に責められるのなんでだろ〜?そうやって勝ち誇った顔、何年見てきたと思う?偉いなぁお前は!(泣いてないもん!)(うそ頭痛で立てなくなるくらい泣いた!)

 

それでもSHOCKが好き。

 

完璧主義のクズなので何かでボキリと折れたらオタ卒してしまうかもしれないと危惧していたが、SHOCKを恨む気持ちはひとつもない。さすがSHOCK、日本一チケットの取れない舞台。愛している。

今回ライバルの気持ちに少しだけ寄り添うことができたような気がする。この日記はSHOCKの台詞を多数引用しているのだが、私の気持ちを表すのはライバルの台詞なのだ。私はいまこんなに悲しいのにSHOCKを憎めない。友情が、憧れが、敬愛が、やがて憎しみに変わり悪意を持ってしまったライバルはどれだけいったいどれだけ絶望していたのだろう。初めてSHOCKを見たときはコウイチに心酔しライバルに対して「何してくれてんねんコイツ」と思うという大変情緒のない見方をしてしまったのだが*2、何をどうしても超えられないハードルに絶望して自暴自棄になる気持ちが少し分かったような気がする。ああSHOCKを見るには圧倒的に人生経験が足りない。何かに本気でぶつかって、超えられない壁に絶望した経験があるか?今回とても悔しくて悲しかったけど、SHOCKのステージに立つ人たちが経験してきた悲しさや悔しさはこんな程度じゃないはずだ。想像を絶する悔しさや悲しさがあったろうに、腐らず前進し続けたあの人たちは本当に凄い。素晴らしいストーリーとパフォーマンス、それを裏づけする演者自身の弛まぬ努力と情熱があるからSHOCKは素晴らしい。生命の輝きだ。ああ私のような人間がチケットを持ってSHOCKを見に行くなんて恥ずかしい。でも私はSHOCKを見たい。足りない脳と足りない経験と汚れた両手で、それでもSHOCKが好きだから、胸を張ってSHOCKを愛していると言えるような人間になりたい。俺達はひとつ苦しめばひとつ表現が見つかる。ひとつ傷つけばまたひとつ表現が作れる、ボロボロになる。その分だけ、輝け…はしないかもしれないけど、ライバルに寄り添うことができる。また別の視点からSHOCKを見ることができる。俺たちの夢は、SHOCKは、これからなんだ!

 

そんな大袈裟なおまえ何やかんや観劇できるやんけと言われたらそれはまぁスマン…という感じなのだが、自力で手にすることが出来なかったことが本当に悲しいし悔しいなぁ。こんな私にチケットを譲ってくれる上田担、他の人に渡すはずだったチケットを譲ってくれると言ってくれた友人、リプライやDMやマシュマロで優しい言葉をかけてくださった方たち、ありがとうございます。歓声と感動を決して忘れないさ!

夢はずっと、夢はずっと、続くと…

 

 

*1:好意はあるが未だ担うことはできない

*2:初見はホラ余裕ないから!回を重ねるにつれライバルに寄り添う見方もできるようになったから!