忘れたくないから日記を書く

ジャニーズ初心者のブログ

こうやって私たちはバラバラになっていくのかな

本人が見ない場所でラブレター。

 

舞浜の友達が居る。

最初はひとり、そこから友達の友達は友達理論で何となく集まり、何となくグループができた。

いろいろな苦楽を共にしてきた。みぞれの中、凍えながら共にショーを待った。ジリジリ焦げ付く炎天下、倒れてしまわないようお互い注意しながらショーを待った。8月末なのに震えるくらい寒い日、リドアイルで一緒にホットココアを飲みながらショーを待った。抽選所でショーの当選を喜び合った。「逆にアトラク新しくない?」とか訳の分からないことを言いながらアトラクションに乗った。約束していないのにパークですれ違ってキャッキャ言った。キャラに構って貰うためにいろいろバカなこともした。始発でゲート最前を確保し、集団パワーでたくさんキャラに構ってもらった。集まってドリームライトを振った。しごわでミッキーに会いに行こうと約束していたのに友達が年パを忘れて爆笑しながらホテルのラウンジでご飯を食べた。海外まで一緒に行った。パークで気分が悪くなった時に助けてもらった。必死過ぎて、ちょっとここには書けないようなこともした。舞浜通いがマンネリ化してきた頃、レストランで延々お喋りしながら「みんなに会うために舞浜に来てるところあるよね」なんて言い合った。

 

そのうちのひとりが家の都合で遠方になると聞いた時、私は悲しくて泣いた。そのうちのひとりが家庭の事情で年パを更新できなくなり、なんとなく疎遠になった。私も遠方になり、自らヲタ卒を試みて年パ生活を終わらせた。

 

私たちは舞浜でお誕生日をお祝いし合う。社会人だから終日全員で集まることは難しいが、誕生日にディズニーホテルに泊まり、部屋を飾り付け、サプライズを用意してお誕生日を盛り上げる。いつのまにかそれが毎年の恒例行事になっていた。

私は今年、友達のお誕生日に舞浜へ行けなかった。

 

こうやって私たちはバラバラになっていくのかな。年齢も育った環境もなにもかも違う、なんとなく舞浜で寄り合った仲間。舞浜へ行くから彼女たちに会えた。舞浜との縁が彼女たちとの縁だ。中には別のテーマパークで会ったり、ジャニ現場に誘ったら来てくれたりしてくれたりする人も居る。その反面きっと舞浜じゃないと会えない人も居る。舞浜の外で会ってくれることは単純に嬉しいし、舞浜じゃないと会えない人の頑なさやカラッとした関係が好きだ。

たまにはみんなと連絡を取ったりもするが、あの時みたいに週単位で会うということはもう無いだろう。こうやって私たちはバラバラになっていくのかな。お誕生日イン、行けなくてごめんね。また全員で集まれる日は来るんだろうか。今年の私の誕生日はどう過ごそうかな。またみんなに会いたいな。いい歳だけど、あれは間違いなく青春だったよ。今までありがとう。こうやって私たちはバラバラになっていくんだろうな。