じゃにおたいちねんせい

アラサーにして突然A.B.C-Zに落ちた人のブログ。

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55@横浜アリーナ

f:id:abcz12345:20170821001828j:image

 

夏が来たぜ何しよう?まずはA.B.C-Zのコンサート!

って、大阪城ホールで塚ちゃんが替え歌してくれたらしいね。遅ればせながら私の夏、始まりました@横浜アリーナ!!横浜アリーナ2日ぶんをまるっとまとめて感想書きます。そう、これはレポではなく感想。

 

 

今年の夏は暇なはずだった。大好きだった舞浜の散水ショーが幕を閉じたから。去年の私ったら社会人としてなかなかにやばかった。ラストイヤーだと分かっていたこともあり、可能な限り有給を詰め込み休みの度に始発で舞浜。夕方まで3回公演のショーに参加し21時には就寝。時々ミラコやアンバでお泊まりを挟みつつワンシーズンで同じショーに52回参加した。こえーよ。そんな最愛ショーが終わったから今年の夏は暇っていうか、もはやいつ夏が始まるのかも分からない。ひたすら去年までの舞浜に想いを馳せてボーッとすると思っていた。なんなら偶に思い出してシクシク泣いている。でも夏は横浜アリーナにあった。

 

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55

素晴らしかった。初めてのジャニーズコンサートがこれで大丈夫だろうか?素晴らし過ぎやしないか?あまりにも贅沢過ぎてはないか?次から満足出来るのだろうか?と心配になったが、A.B.C-Zをはじめジャニーズの皆様はどんどん新しく素晴らしいエンターテインメントを創り上げてくれるんだろう。ジャニオタという生き証人がこんなにたくさん存在するのがその証拠じゃないか。

 わたくしなにせ初めてのジャニーズ。「メンステってどこ?バクステはどれ?スタトロってなに?」など初心者過ぎる質問を同席してくれるジャニオタ先輩に投げかける。このジャニオタ先輩は私の9歳年下の学生さんである。こんな若い子に教えを請い素直に聞き入れる私の人生、なかなか悪くない。

五つ星メイキング映像を見て「あ"ー」「ヒー」「か"わ"い"い"」なんて言いながら開演を待っていたらあっという間だった。なんだこれ福利厚生整い過ぎか。お花畑で遊ぶ塚ちゃん(塚ちゃんが居れば原っぱもお花畑に変わります)のページが凄く好きで、それを映像で見られて嬉しい。

 照明が落ちて立ち上がる皆様。もう既に異文化で戸惑うわたし。「えっ?立つの?」なんておどおどしながらペンライトのスイッチを入れると、各々好きなメンバーカラーに変えた光の海が出来ていた。オープニング映像は宇宙船に乗って地球へ帰還するえびちゃんたち。宇宙服ではなくそれぞれ異なる5種のシングルの衣装。メンバーの名前が出る度に会場から「キャー!」なんだけど、ノリ方が分からず一人低い声で「ぅお"ぉ"ぉ…」と唸っていた。2日目からちゃんと順応してワーキャーしていたから安心して欲しい。以下印象的だったことを徒然と。だいたいリカちゃんと塚ちゃんの話。

 

デビューして宇宙へ旅立ったA.B.C-Zが、5年の歳月を経てReboot!!!するため地球へ降り立った。白い衣装を着た5人はとてもキラキラしていて、ザ・思い描いていたジャニーズのコンサート。うわー本物だー(しょうもない感想)と思いながら見よう見まねでペンライトを振るんだけど、対岸のペンライトの海が本当に綺麗。なんなら最初はA.B.C-Zじゃなくて対岸のペンライト見てた。何しに来たんや。コンサートはReboot!!!から始まって、あー知ってるーこの曲知ってるー祭り。まぁアルバム4枚買ってるから当然っちゃ当然なんだけどさ、自己紹介タイムかなっていう選曲。そこからSPACE TRAVELERSでトランポリン演出。無重力をトランポリンで表現していて面白かったし、かつて塚ちゃんがやったアレの一部を生で見れて嬉しかった。見せ場の大型アクロバットは塚ちゃん担当のはずなんだけど、今回はみんなでやっている印象。

 

\リカちゃん!リカちゃん!リーカちゃん!/

待ってましたリカちゃん。ねぇ〜〜〜〜〜ちょっと〜〜〜〜城ホで連続バク転無かったって言ってた人誰〜〜〜〜〜〜???やってるから〜〜〜〜リカちゃん連続バク転でハワイから来てくれたから〜〜〜〜〜〜〜〜(過激派)ってことで、星型ステージ構想が先か連続バク転を演出として取り入れたのが先か、おたくとしては知る由もないのですが(どっかにインタビューとか載ってるかもね)どっちみち塚田僚一天才。

Love-tune扮するイエローマッスルガールズのメンバーは細身で可愛らしいのにリカちゃんはムキムキでその対比が面白いし、衣装もあるけど視覚的に不動のセンター感が出ていてリカ担として(??)嬉しかった。メンバーバック総出演だったけど塚☆リカおよび塚田僚一*1は誰よりも輝いていて、なるほどーこれが塚ちゃんが見せたい世界かー!と。塚ちゃんこういう才能あるんだからソロコンやろう??きみなら全員を幸せにする最高のエンターテインメントが作れるよ!!あの人天才!!(CV.ヒャダイン氏)

ほんでもってセクシータイムで噂のポールダンス。それまで着ていたチェックの衣装をバーンと脱いで現れたのは黒レザーのハードなヘソ出し衣装。ポールダンスに関しては全く前知識が無いからアレなんだけれど、なんか難しそうなことやってるーーー!ここからアツあつ!?夏フェス☆!!ですらなくなり、リカちゃんの彼氏たちvs.リカパパに。やったーアクションシーンまであるよ!展開は完全にカオスなんだけどゲラゲラ笑って最高にエンターテインメント。カオスの渦中に現れたのはかつてリカちゃんが片思いしていた塚田僚一。地下アイドル(?)だったリカちゃんがアイドルとしての成長とともにいつの間にか憧れの塚田僚一と距離が縮まっていて、DARKNESS(LOVEです☆ver.)ではあっさり振られていたのに塚田僚一の方から助けにきたーーー!!彼氏とは明言されなかったけど、リカちゃんこれちょっと押したらイケるやつやで!?!?リカちゃんからジャケット受け取る塚田僚一かっこいいよーーー!!ほんでもってDeliciousな愛。リカちゃんも好きなんだけど塚田くんのソロが見たい!っていう塚田担の需要まで汲み取ったのか、やりたいこと全部やったらこうなった状態なのかな。物語が、パワーが壮大過ぎて尺がすごい。 これ塚田担のワイは両手広げてヤッホーイだけど他担は大丈夫?と思ったら、私の周りの非塚田担な皆様みーんな嬉しそうにリカちゃんの話をしてくれる。えび担のおなご、皆友達(固い握手)

 横アリ2日目にヒャダイン氏が見学に来てくれていたんだけど、素直な感想としては楽曲提供してくれた人の目の前でよくあそこまでイジった演出できたな!っていう。塚ちゃんの怖いもの知らずな一面*2や、ヒャダイン氏と信頼関係を築けたからあそこまで出来たのかな?っていう妄想が捗ってゴチが止まりません。PONで放送された制作秘話もすごく雰囲気良かったよね。ヒャダイン氏はもともと水が合っていたように感じるけど、物怖じしないで正面からぶつかるからきっと誰とコラボしても最高の物が作れるんだろうな。塚ちゃんは言わずもがな天才だし、塚ちゃんの頭の中からイメージを引き出して形にするプロってほんと凄いと思う。天才×天才の仕事。ヒャダイン氏はクリエイターだから自分のイメージを形にするのが主な仕事だと思うんだけど、塚ちゃんやリカちゃんの世界を原作(?)リスペクトしつついい感じにぶっ壊してくれてあつアツ!?夏フェス☆!!が出来上がって、それをまたリスペクトしつついい感じにぶっ壊して今回のステージが出来たのかなって。プラスの相乗効果が凄い。やっぱり塚ちゃんって最高だよね。

 

それから横アリを語るに外せないのではなかろうか、えびふぉゆリリホワ。横アリ初日、サビで突然歓声が上がって、えー?どんだけらぶとぅん人気なん???って思うじゃないですか。でもLove-tuneにしては身長デカイし人数足りないなって。もうここでピンと来ちゃったんだけどにわかに信じられなくて、とりあえず双眼鏡覗いて「っっっ〜〜〜〜あれって〜〜〜〜あれってそうだよね!?!?」と隣のお友達に確認を取った。間違いねぇあれはふぉ〜ゆ〜だ。リリホワの振り付けはふぉ〜ゆ〜の福田悠太さんが担当してくれたことは以前からラジオで知っていた。映像としてダンスを見たのは少クラだったかな?その振りが超絶格好良くて、ほんとありがとうマジ福田大明神(合掌)なんて思っていたらこれよ。まさか来るとは思わないじゃないですか。だってもうすぐ主演舞台始まるよね!?いまめちゃくちゃ忙しいよね!?(思えば何でそれを把握していたんだ当時の私)って大混乱しながらもA.B.C-Zとふぉ〜ゆ〜のLily-Whiteを見るわけなんですけれども、それがまぁなんと美しいこと。なんていうか、あの時のふぉ〜ゆ〜はバックダンサーじゃなかったよね。あれ?9人グループのコンサートに来てたっけ?ってくらい平等で溶け込んでいた。歌割りがあってもおかしくなかった。

ほんで横アリ2日目、まさか2日目も来るとは思わないじゃん!?!?え?みんな来ると思ってた???収録が入るって聞いた時も、昨日だったらえびふぉゆリリホワだったのに惜しいなーまぁ難しいよねーなんて思っていた。だからサビで初日同様ふぉ〜ゆ〜が来てくれた時はマジ泣きした。2日目はボッチだったから、なんか「ネタバレ見ずに来た今日しか来れない人」みたいだったけど、それくらい嬉しかったんだもの。9人のダンスが凄く格好良くて、双眼鏡を覗かずにひたすら群舞を見つめた。そしてわたしはGACHIに行きたい。ゲルゲルふぉ〜ゆ〜!(軽率) リリホワ→Whippy→FR→グッジョブの流れがお洒落過ぎて戸塚祥太天才。

 

花言葉で気づいたことがあるんだけど、わたしおたくに歌わせる演出好きみたい。割と嫌われがちなこの演出方法だけど、ファンの好きだよー!って気持ちを歌に乗せて届けられるところと、そこから生まれる一体感と、メンバーがそれをとても嬉しそうに聴いてくれるところが好きなのかな。

それにしても「永遠に生きよう」という裏声ほほぼ必至なパートを歌わせるなんて鬼畜である。既に喉は開いているから地声でいけると言いたいところなのだが、私のそもそものスタートが皆より1オクターブ下の可能性。そして私は幸せになろうガチャで自担を引くことが出来るのか。幸せになりたい!自担に誓いたい!静まれ私の物欲センサー!!!!

 

\イチ、ニ、サン、シ、ゴーーー/

待ってましたドキナツ2017!!!!こんにちは、ドキナツ過激派です。「コンサート初日にみんなで踊った時にドキナツ2017は完成する」と聞いて、大阪へ行かないことにした自分を呪いました。土日は休みづらいんじゃ。突然画面いっぱいにあらわれるダンシング五関先生。特典映像を見ていない人のために、配信が終了してしばらく経ったので忘れた人のために、ここさえ押さえておけば大丈夫!なおさらいをしてくれるんだけど、量が多いし早いし初見殺しが過ぎる。ドキナツ過激派(完コピ済)としては問題ないのですが、一緒に名古屋/福岡に入る子はA.B.C-Zどころかジャニーズ初心者なんですけどぉ。゚(ノ∀`)゚。

みんなで 一緒に踊るというコンセプト、凄く好き。ハーリーアーのところで両手をあげてユラユラさせるのを皆んなでやったら綺麗かなと思って振り付けた五関先生は当日ちゃんと見てくれたかな。想像以上にみんなちゃんと踊っていて見ていて気持ちが良かった。そしてドキナツ中も画面にはずっとダンシング五関先生が流れていて五関担マジ忙しいなと思いました。

 

 Finally Overで新装置「5スターシップ」が登場。なんか上から降りてきたなーと思うじゃん。あ、乗ったって思うじゃん。その時にさりげなくベルトを締めたから「そうだよねー高いところあぶないもんねー安全第一だよねーよちよちー」なんて思っていたら、か、傾いたーーーーー!?!?!?!?あぶないからやめろ!!!!(アクロバットボーイズクラブ #とは)

ワイドショーでは正面からの映像だったけど、私は2日ともサイドから見た。サイドからの映像の方があの凄さ伝わると思うの。めっちゃ傾いてるから。語彙力。最大傾斜30度だそうで、ちょろりと調べたところ、30度ってスキーの上級者コースくらいの傾斜みたい。こっわ。なのに曲に合わせてヘドバンする自担。か、かっこいい・・・。

 

大画面で今までのシングルMVを新→古の順に少しずつ切り取って流していく。その間メンバーは逆光の中で微動だにしない。か、かっこいいいいいいいいいいいいい!!2nd(DVD)シングルのずっとLOVEが終わり、デビュー曲Za ABC〜5stars〜
もうね、ここで涙ボロッボロですわ。私なんて今年の1月に初めてA.B.C-Zをちゃんと知った程度の人間で、なんなら「えーびーしーぜっと?知らん(真顔)」とか言ってたくらいなのに。そんなんだから、もちろん私はこの子たちの5年間(ジュニア時代も入れたらもっと)なんてざっと資料を漁った程度にしか知らない。それでもなんでか泣けて泣けて、ずっと前から応援していたような錯覚を起こさせてくれるくらい何もかもが凄くて、あのタイミングでA.B.C-Zを好きになれて、初めてのコンサートがこのコンサートでよかったです。嬉しい。

「たとえば 二人 出会わなかったら?」 つぶやく君は

出だしがこれだから恋愛の歌かと思いきや、以降の歌詞をよく読むとこれってA.B.C-Zとファンの関係性を歌った歌じゃないですか。「例えば二人」の二人って、担当(もしくはA.B.C-Zそのもの)とファンのことだよね。

星の数ほどの 生命のスパイラル

8/9アンコールでとっつーが「世の中には沢山のアーティストが居るのに俺たちを選んでくれてありがとう(意訳)」って言ってくれたことを思い出した。A.B.C-Zとファンの生命がスパイラルしてるよぉー(??)
突然だけど、わたしざえびの2番の歌詞が好きなんですよ。

川をくだり 海に着いた 小さな思い

幸せという 雨となって またこの場所へ

これは色々な解釈が出来ると思うんだけど、輪廻転生というか、先輩から受け継いだものを自分達なりに表現し、それをまた後輩に託して続いていく伝説というか、まぁこれは私が異様にLegend  Storyが好きだからそういう解釈しちゃいがちなだけなんですけど。本人たちが初心を忘れないっていう意味もあるのかな。ジャニーさんからジャニーズ伝説を背負うよう任されたA.B.C-Zって凄いグループだよね。

こらえた涙も 置いてきた夢も カタチを変えいつか 誰かに届け

ここね、河合くんの最後の挨拶とダブる。
きみたちが涙をこらえたり夢を置いてきたりしたこと、今まで知らなくてごめんね。でも届いたよ!つい先日わたしのところまで届いたよ!これからもっともっといろんな人に届くよ!!!!!ジュニア時代からのファンの人はこの歌詞凄く嬉しかっただろうなーって勝手にエモさ感じてる。

 

エモで思い出した。8.8鈴木拓事変な。

横アリの見学にあの鈴木拓が〜〜〜〜( ;∀;)*3

 8/8において個人的に一番大きな声が出たかもしれない。めちゃくちゃ驚いた。と同時にもしかしてえびちゃんずーにはもう出演しないのかな?と思って寂しくなったよ。またA.B.C-Z鈴木拓のえびちゃんずーが見たいよ。

「拓さんはA.B.C-Zのコンサートに絶対に行かないと宣言していたからファンがどよめいているんです(意訳)」と、よゐこ濱口氏(鈴木拓より先輩)へのフォローを忘れなかった河合くんマジ推せみ。いいよー!河合くんのいいところ出ているよー!そういうの大事だよー!

 

このコンサートで一番印象が変わったのははっしー。はっしーのいい子さってテレビではちょっと伝わりづらかったと思うの。塚ちゃんを入口にA.B.C-Zを見始めたころは「赤い子なんだかこわいわ…」と思っていたし。これは素人目の感想だから怒らないでほしい。*4
でもワーホリで真っ先に塚ちゃんに大きいお肉をあげたのははっしーだし、8/9見学のニカちゃんが「河合のソロは普通」みたいな二階堂節を炸裂した時も「格好良いよ」とフォローしたのもはっしーだし、去年のはしパラとか超絶可愛い王子だし。え??凄くいい子じゃん??なんで表にあまり出ないところで可愛いか??セルフプロデュースへたっぴか??一瞬の勝負(地上波)は苦手か??ちょっと気にかけて「この子を知ろう」と思っていろんな資料を漁らないと可愛いところまで辿り着けないというか、なんだろうなーもったいない!!!!と思っていたのです実は。でも最近テレビでもずっとニコニコしてる気がする。かわいい。大阪(行ってない)のMCだったかな、はっしーの無表情は格好付けていただけとかなんとか、おーい!ただの不器用かーい!ニコニコしてるはっしー可愛いよ。好きだよ。ずっと笑っていてほしい。
ていうか最近A.B.C-Zめちゃくちゃ雰囲気よくない?そんなことない?私は今年に入ってからのファンだから過去映像を無作為に漁っただけで、時系列順に見たわけじゃないから曖昧だけど、雲行き怪しい時期あったよね?でもここ最近のA.B.C-Zはとても雰囲気良くて好き。大好き。全く危うさを感じない。全員が同じ方向を見ているような気がする。あーこれドーム行きますわー余裕っすわーっていう。全部妄想なんですけどね。

(*б_б)「おっぱい」

 

ペンラ遊びのコーナーで一部(あくまで一部)ジュニア担が非協力的ってちょっと学級会になったじゃないですか。みんなでペンライトの色を変えて遊ぼうっていうコーナーで、何が何でも自担カラーから変えない消さないみたいな。

頼むから協力してくれよーお手元のスイッチをちょっと切るだけだよー?と思う反面、褒められたことではないけれどそうする気持ちが全く分からないわけでもないというか。(私はやらんけど)

私はかつて48Gのおたくをやっていた。降りてそこそこ経つから今の雰囲気は知らないけど、その頃は48Gはあくまで芸能界の足がかりで、同じグループの仲間なんだけど全員ライバル。ヲタも推しの立場を上げるために必死だったと思う。ファンが少ない子のヲタはその分大声でコールしたり、握手会めちゃくちゃループしたり。

だから不安定なジュニアを応援する人の気持ちも分からなくもない気がする。私が応援したいのはメインではなくバックのジュニアなんです!ジュニアのファンはこんなに居るんです!ジュニアにもっと光を!っていう主張の仕方のひとつ(正解云々は一旦置いておいて)なのかなって。100%主張出来るのは確かにあそこだけだったかなと思う。肯定はしないけどね。なんて色々考えたけど「面倒だから切らない」っていうシンプルな理由だったらどうしようw

というかね、ノイズが混ざることで自動制御ではなくみんなの意思で作り上げた空間であることが際立った気がする。ポジティブかよ。ヒューマンエラーというか、人為的なものに完璧は無いもの。MCでも自動制御ではないと言っていたよね。自動制御にも手動にもそれぞれの良さがあると言ってくれていたけど、アナログでひとりひとりの意思であの空間を創り上げることを誇りに思ってくれているのかなと。あとノイズやエラー扱いしてごめんね一部のジュニア担。横アリ初日より2日目の方がずっとずっと揃っていて綺麗だった。ありがとう優しいジュニア担さん。横アリ2日目は右隣に座っちゃう系ジュニア担という恐ろしい席で、でも座っちゃう系ジュニア担の彼女もあの時間はすぐにペンライトを消してくれた。肩を叩く用意をしていただけに嬉しかった。周囲はそこそこジュニア担多めだったけど、私の声が届く範囲*5ではみんな消してくれていた。ポジティブついでに緑色のキンブレについては終演後ツイッターが荒れるまで「You are 6 stars…☆」って思っていた。知らないって強いわ。

 

※あとここから暫くファンサもろたっていう話なのでそういうのが嫌いな人は回れ右してくださいな。


横アリ2日目、アンコールのスタトロにてファンサもろた。
そもそもジャニオタがうちわを持つ意味とかよく考えていなくて、でもなんか持ってる人多いっぽいし、とりあえず形から入る人間だから公式の顔写真うちわ持っておけばいいかーと思ってそうしていた。結局作っていないけど、私がうちわに書きたい文字は「無病息災」「安全」「長寿」だかんね。無病息災にすると(*б_б)「むびょう…いき…えっ?」だし、長寿にすると(*б_б)「ながつま(れお)」ってなりかねないから、いつか同志と安全第一四連やりたいですね。はしちゃん安全第一ならさすがに読めるよね?(ひどい)
別にわたしが持つうちわなんて本人の目に入らなくていい。それでも君のファンはここにも居るんだよって、一方的に勝手に伝えたい。なんなら伝える相手は本人じゃなくて事務所の人とかでもいいんだ。どこでもいいからどっかに届け〜〜〜〜〜塚田僚一の〜〜〜〜〜需要〜〜〜〜〜って思いながらペンライトを黄色にして塚ちゃんのうちわを持った。
スタトロは近い。あんまりの近さに驚いた。半径5メートル以内にジャニーズ。とんでもねぇ。はっしーは目を合わせてくれた。私が何をした訳でもないのに、ひとりひとり順番にきちんと目を合わせようとしてくれるはっしーは王子様なのかな?と思った。綺麗だった。凄く綺麗だった。綺麗過ぎてフリーズした。とっつーと河合くんと五関様はお尻だった。ゴチ。
自担のスタトロが近づいてきて、塚ちゃんはこちらにお尻を向けながら通り過ぎた。これは私にとって舞浜のパレードあるあるで、アッハージャニオタになっても自担の逆サイ引きがちィーなんて思いながらも背中かっけぇなと感心して見送・・・ると思うじゃん???
「つかちゃあああああああああん」って脊髄反射で叫んでたよね。
おなすいた→食べる、眠い→寝る、コンサートもっと見たい→お譲り探して交通手段確保、みたいな脊髄反おたくだから、塚ちゃんが好き→叫ぶっていう\(^o^)/ なんだろう、舞浜のパレードで散々「みィっぎいいいいいいィィィ」って叫びまくったが故の癖なのかな。担当の逆サイド引いたらとりあえず叫ぶみたいな。(これに関してはせっせと舞浜に通ってやっていいタイミングといけないタイミングを肌感覚で培った上での行動なのでパークで安易に真似しないでくれよな!)

この叫びもね、もちろん本人に届けば嬉しいけど、こちらのテンションで勝手に叫んでるだけで、参加することに意義がある的な。「きみのファンはここにもいるよ」を視覚的に伝えられないならせめて耳から潜在意識に届け!みたいな。だから呼んではいるけど振り向いてくれなくていいんだ。塚ちゃんのお尻おいしいし。むしろスタトロから身を乗り出して下段の方とタッチ出来るように頑張る塚ちゃんほんと最高大好き。
案の定塚ちゃんはそのまま行っちゃって、でも〜〜〜そんなことより〜〜〜自担尊い〜〜〜す〜〜〜き〜〜〜なんて思っていたら、「え!?!?!?そこで!?!?!?」ってタイミング(結構通り過ぎていた)で真っ直ぐこちらを振り返って指差ししてくれた。そこで!?ってタイミングで振り返ったのは私の声が届いていたってことで宜しいですね!?!?!?なにせわたし、声量には自信アリ。まッッッッッッッじか。届いたじゃん。この声を君に*6じゃん。なんなら口元は笑っていたけど目は笑っていなくて、もしかして必死にタイミング伺って無理やり振り向いてくれたのか!?なんてな!!!!(※大変ポジティブな妄想) うへぇ〜〜〜〜申し訳ねぇ!!でも、嬉しい!!!単純!!!!!!あちら側を向いていたから寧ろ良かったのかな。はっしーみたいにこっちをガッと見つめられたら硬直していた気がする。

もしかしたら読んでいる人は気を悪くするかもしれないけれど、私はジャニオタがよく言う「会う」の意味がわからなかった。コンサートで会えるって、いやそれ「見る」じゃん会ってなくね??接触イベならまだしもコンサートだよ??って無粋なことを思っていた。言葉の持つ意味なんて時の流れとともにどんどん変わっていくから意味のない考えなんだろうけど、とにかく「会う」という表現には個人的に違和感があった。でも自担がこちらを認識してくれたあの一瞬は確かに「会った」んだと思う。ひと夏の出会いをありがとう。大好きだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(CV.塚☆リカ) 結局それしか言えねぇのな。といい人ぶる私と、次はああしてみようかしらなんて思うクソおたくの私が喧嘩してます。クソおたくになりたくない無害なモブで居たい。

スタトロタイムが終わってメンステに戻って、いつの間にかひとりだけ汗でTシャツがぐしょぐしょになってる塚ちゃんマジで好きだなって思った。私はあなたのアミノ酸ですハイ。

 

サポーターズ前の最後の挨拶。リフターが上がってひとりひとり挨拶するんだけど、リフターが上がった時はみんなペンライトを近くのメンバーの色にしていたのに、喋り出すとそのメンバーの色に変えるのがとても見事だった。あくまで私個人としては当たり前のことという認識でやっていたんだけど、17000人だっけ?それだけ沢山の人が居ればいろいろな考えがあって統率を取るのは難しいだろう。それなのに誰の指示でもなく自主的にメンバーが喜ぶであろう行動を取れるA.B.C-Zのファンってほんと素敵。この時はっしーは「なんでみんなそんなに優しいの?」って言っていたけれど、「それはA.B.C-Zが優しいからじゃないかな」って返したい。ファンになるにはある程度の共感が必要だと思う。ファンは優しいA.B.C-Zに共感できるから、単純にそれを返したいだけなんじゃないかな。

  

最後にサポーターズっていう選曲も最高。ZENRYOKUで、ZENSHINZENREIで駆け抜けてきた5人と共に叫べる幸せ。「君をサポートしたい」なんて歌ってくれるけど、このタイミングでそんなこと言われたら「いやいや!ファンがあなた達をサポートしまぁーーーしゅ!!!!」って思っちゃうじゃないか。サポーターズは去年のえび座の曲で、私はその頃ファンやっていなくて応援屋はまだ見ていないからツイッターで上がっている動画をチラ見して予習予習。はっはーんこれは一緒に叫んで楽しいやつね。そういうの大好き(全力参加に命賭けるタイプのおたく)と思っていたんだけど、えび座ってなんだかんだ舞台だからアレ一緒に叫べなかったそうで。いやーんそんなの消化不良起こすわーと思ったからコンサートで一緒に叫べるようにしてくれて嬉しいね。

そもそもアンコール終わりの最後の曲はEndless Summer Magicだと思ったじゃん。ツイッターでもそんな予想をよく見かけたし、なんなら私もそう思ったわ。アレな、個人的にセトリや演出の予想ってどうなん?って思っちゃうんですよゴニョ。当ててドヤりたいのか何なのか知らないけど、おたく側が先回りしてネタを潰すのは公式たんが仕事やりづらくなるからやめよう!?!?って思っちゃう。ジャニーズ界隈がどんな対処をするのか知らないけど、それ某テーマパークでありがち*7だよぉ!?!?それを最高の形で裏切った戸塚祥太天才。誰も予想出来なかった最高で最強の〆じゃないか。戸塚祥太天才!!!!

 

横アリ2日目はダブルアンコールでTwinkle Twinkle A.B.C-Zでした。ダブルアンコールって本当にあったのか。えぇーーーいいよぉーーーーもう終わりでいいよぉーーーー1秒でも早く早くシャワー浴びて着替えてゴロンゴロンしたのち美味しいご飯とか食べに行ってほしいよぉーーー!!!!アンコールはお約束だけどダブルアンコールに関しては「毎日が特別な日だから特別な日を作らない」という世界*8で生きてきたため正直どう付き合ったらいいものか分からない。呼んで出てきたら申し訳ない(でも楽しい)し、呼ばなければ求めていないと捉えられてしまうのだろうか。ありがとうの気持ちは伝えたいけど出てこなくていいからねーと思っていたら出てきちゃった。わぉ。今までセトリに無かったTwinkleなのに、できるぞ〜できるぞ〜サビの簡単な振りコピならできるぞ〜MVめっちゃ見ててよかった!!!!ジャニオタ文化はたまに戸惑うけど、あの日スペシャルな体験が出来て単純に嬉しかったです。

 

Za ABC 〜5stars〜で出発してReboot!!!で再起動したデビューからの5年間。その集大成のコンサートをReboot!!!で始めZa ABC 〜5stars〜でしめて、アンコールの最後にサポーターズ。なんてストーリー性のある美しい構成だろう。ずっと追いかけてきたファンはきっと嬉しいだろうし、私のような初心者にも分かりやすい。戸塚祥太天才か。

 

脊髄反射おたくのわたくしは横アリ公演を観終わったあと、帰りの電車で名古屋行きを決意しましたとさ。

 

f:id:abcz12345:20170820051839p:image

 

「チケットを見つける」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!

 

私がおたくをやる際のテーマであるブチャラティ兄貴。ホールの感想はまた後ほど。たぶん福岡が終わったあたりで。

 

 

 

 

 

*1:敬称略。物語の登場人物として捉えているため何と呼べばいいのか分からない。

*2:きっと本当は怖いと思うけど、それを恐れない強靭なメンタルとやってやれ精神が好き。

*3:えび担的には「拓さん」なのでしょうが、ドランクドラゴン鈴木拓氏のクズ芸が好きなので敬意を込めて鈴木拓よばわりしています。

*4:新たなファンを獲得するなら素人目って大事な感覚だと思うけどね。はっしーペロペロおばけになった今の私にはもう非ファン目線の感想は持てない。

*5:割と過激派なので有事の際は知らない人でも平気で声掛けちゃうぞ♡

*6:戸塚祥太出演NHKドラマ

*7:ファンアートとかね…バズったら公式からそれ系のグッズ出せませんから。

*8:某舞浜ね。厳密には特別な日あるけど。