じゃにおたいちねんせい

突然A.B.C-Zとふぉ〜ゆ〜に落ちた人のブログ。

拝啓 きになるきみへ

風邪ひいた暇だコノヤロー(寝ろよ)

 

きょうは会社休みます(言いたいだけでドラマ見てない)して家でダラダラしている。いくら風邪をひいたとはいえ四六時中眠れる訳ではないし、そもそも私は健康時でも寝る時間が勿体無いと思ってしまう残念なオタクヤローだ。そのくせ朝は起きない。とにかく暇だからブログ書くぜ!

 

拝啓 きになるきみへ

 

自担はA.B.C-Z塚田僚一さん。(未だに自担呼びは照れる///) A.B.C-Z箱推し。塚ちゃんがポーンと突き抜けているけれど、A.B.C-Zみんな愛おしい。大好き。お金あげたい。塚ちゃんのお財布をこっそり拝借して気付かれないように現金を混ぜたい。とっつーが読んでいる本に商品券を挟みたい。五関くんに匿名で現金書留をお送りしたい。河合くんが飲み食いしたものをそっとお支払いして気付かれないうちに姿を消したい。はっしーを駄菓子屋に連れて行って「好きなだけ買いな!」って言いたい。なんではっしーだけ少額で直接的なんだろう。他の4人は高額且つモブ以下なのに。国民の弟は・・・はっしーやで・・・!(頑張れ橋本の夏2017)*1

 

死ぬほど話がずれた。微熱だから許して欲しい。

ワイえび担、A.B.C-Z以外の気になるあの人の話。普段以上のえび担アピールは、他担ならうっすいズレた話ししても許して貰えるかなっていう下心である。なおえび話も薄くてズレている模様。そこは新規という免罪符を使って切り抜けたい所存。(いちいちクズい)

 

 

滝様ァァァァァァ!!!!!!!そう言えば私も今まで一度だけジャニヲタになりかけたことがあった。「夢物語」を初めて見たその日、MVの観客があまりにも素晴らしくて楽しそうで幸せそうで、あぁジャニヲタになるのもいいかもしれないと思った。曲もMVも100点満点だ。私の中で「夢物語」はJ-POPの最高傑作だ。

それにしてもあの観客役は今で言う番協なのだろうか。羨ましい。「ずっとLOVE」「Legend Story」*2より、私は「夢物語」の観客が羨ましい。いつかタッキー&翼のコンサートを見て「あの観客」になるのが夢。

 

佐藤勝利くんの歌声が好きだ。ンアァッ!好きっっっ!!!!って気付いたきっかけはツイッターで流れてきた動画。ほら、あのKinKi Kidsの電車に乗せるのを嫌がる歌(クソ新規のクソみたいな表現力)(でも絶対これで通じる)あるじゃないですか。いろんな人が歌っているのを繋いで一曲にまとめた動画。あれの佐藤勝利くんがンマアァァァァ良くて!!!!惚!れ!た!!!!フルで聴きたいーーー!!!!なんだろうなー、勝利くんは正直お歌がお上手っていう印象は無かったし、評価が高いのはふまけんの印象。ただ「音を外さないことが歌唱力」だとしたら初音ミクにかなうものはない訳で、もちろん歌の良さはそれだけではない。(初音ミクをdisっている訳ではない。念のため。) 勝利くんの透明度が高い歌声と、歌の世界を伝えるための表現力が相まってズキュウウウウウン!なのかなぁ。(ああ私はどうしても最後までポエマーになりきれない) 勝利くんには延々切ないバラードを歌って欲しい。キンキの電車の歌、サマパラDVDに入っているのかな?(財布をちらつかせながら)

 

先日散々ワーキャー言ったので今回は割愛。サマパラ行きたいでござる( ;∀;)

 

 ジャニーズ大運動会以来、私はちょっと変だ。それまでアホみたいにキスブサを見てきたくせに「水回りに強い人」としか思っていなかった横尾くんがやたらイケメンに見える。あっすみません横尾担さん殴らないでください横尾くんがかっこいいのは昔からですぅぅぅ!

ワイ、タレ目至上主義。錦戸亮の顔が好き!!!!男も女もタレ目が大好きぺろぺろ。なぜなら自分がキツいツリ目だから。タレ目なら問答無用で湧くし、多少ならまだしも強めのツリ目にはまぁーーーハマらない。塚ちゃんがもしツリ目だったら「このひとウケるー」で終わっていたと思う。だから横尾くんを見て「んん"ん"!?」と思うのは個人的ビックリ案件なのです。全然「舞祭組」ちゃいますやん。今からでも読み方変えよう?

 

 先日のクロニクル、英会話伝言ゲーム見た??あのコーナーとっても好き。ジェスチャーを封印した後の顔芸が最高だし、ひらめいたあとのニヤリすげぇ可愛い。可愛い。はい出た可愛い。出たよーとうとう出ちゃったよー。私の中で「可愛いと言い出したら終わり」というのがあって、格好良いはまだ距離があるし、格好良いあの人の格好良くない一面を知ってしまったら幻滅するパターンも考えられる。しかし可愛いは沼い。可愛いは何をしたって可愛い。河合は可愛い。全部可愛い。全部抱きしめて君と歩いて行けちゃう。関ジャニ∞の夏のツアー、友人が無事東京ドームを当ててくれました。おそらく可愛い村上くんのうちわを買うものと思われます。

 

5月5日の少クラ「Sweet Butterfly」素晴らしかったねぇーーー!!(今更)

あれは屋良っちプロデュースという理解でよろしいでしょうか!?!?屋良朝幸くん最高ですありがとうございまっす!!!!超面白かった!最高にエンターテインメントだったよ!少クラだからこそ出来たんだろうけど、少クラという閉鎖的な(視聴者はほぼおたく)番組だけじゃなくてもっと世間に見つかるところでやって欲しい!非ジャニヲタにも見て欲しい!緩急のつけ方とかジュニアの使い方とか最後になぜかみんな死ぬ(?)ところとか、それにまさか葉加瀬太郎を聴くとは。゚(ノ∀`)゚。もし屋良っちのサマパラだったらたぶん後藤泰観ペイジーキメて申し込んでた。内くんがいけないとかじゃないんだ。内くんのことはまだ知らないだけ。

そして後藤泰観くん。あーーー!「Legend Story」のあの子ね!あと滝沢歌舞伎にも名前載ってた!もう彼はデビューで良くない?代わりがきかないし、居なくなったらマジでマジで本当に本っっっ気で困るよね????だったらさっさと囲お????後藤泰観はジャニーズの宝だよ????この子は辞めないって安心しちゃダメだよ????(何目線)

 

ワイおじゃんぷちゃん未履修。非常に内容が薄くて申し訳ないのだが、映画「ピーチガール」の番宣で、さも自分が山本美月ちゃんかのように振る舞った一瞬の所作(「山本美月さんです」と言われている時に自分の胸に手を当て上目遣いで小さく頷く)にグッときた。八乙女くん・・・推せる。タレ目だし。

 

ケンティーからは嗣永プロ*3的プロ意識を感じる。中島プロ。女の子のアイドルには特殊な例を除き寿命がある。しかし男の子のアイドルは永遠だ。おじさんになってもアイドルをやっていられる。中島プロは永遠にプロでい続けなければならないのか?それはとても大変なことだ。もし今後、考えたくはないけれど、中島プロの身に「何か」が起こったとしたら、多くの人はこれまでの功績を称え許すと思う。しかし中島プロは自分自身を許せるのだろうか。中島プロならファンに心配をかけない振る舞いをしてくれるだろう。しかしその実のところは本人以外分からない。正直心配だ。しかし、そんなネガティブな妄想を吹き飛ばすくらい中島健人は今日もプロ。中島健人は宗教。彼の幸せを願ってやまない。

 

相変わらず付き合いたい。割と毎週ちゃんと見ているキスブサ、毎回本当に優しいし、ちょいちょい気持ち悪い(好き///) もうこれは「リア恋枠」で良いのではなかろうか。恋のライバルは塚ちゃんと玉森くん。

 

ワイじゃにすと未履修。最高に薄いんだけど、顔がかっこいい。少クラでとっつーと並ばれると美の爆弾だなって思う。目のやり場に困るのでやめてください。うそですもっとやれ。

 

ジャニヲタ化する前から何故か毎年カウコンを見ていたのだけれど、ここ数年は桐山くんを見て毎年「この人知ってる!!!!でも誰!?!?」と言っていた。もしかしたら柳沢慎吾さんのことを思い出しながら叫んでいたのかもしれないが、桐山くんの顔はずるい。一発で覚えてしまう。素晴らしい。名前が分からないからずっと「柴犬」と呼んでいた。似てる・・・(*'ω'*)

それにしてもカウコンで沼落ちする層だって居るかもしれないから、テロップとかもっと素人にも分かりやすいように力を入れて欲しい。手越くんの歌を聴いて「何この人めっちゃ歌ウマ!!!!誰!?!?」って毎年言ってたぞ!(調べる間も無く次の面白いことが始まるから放送終了後には手越くんのことはすっかり忘れている)(そして一年後のカウコンで再び思い出す)

 

 二階堂くんと言えばキスブサで圧倒的最下位率を誇るヤベーやつという印象。ちゃんと数えていないからアレだけど、二階堂くんがぶっちぎりだよね?でも順位が下がれば下がるほど好きだし真剣に見ちゃう。たいぴーはセルフプロデュースの神(チョーカッコイイ)だけど、いかんせん面白みに欠けゲフンゲフン。こんなこと言うと藤ヶ谷担にぶん殴られそうだけど一度考え直してみて欲しい、これは塚田担の発言だから。(???) 先日のキスブサ、最高に塚ちゃんでしたね。(好き///)

さて二階堂くん。いつだったか3位を取った回を見て、私も見ながら「ええええ!?」と驚いたんだけど、それ以上に驚いてはしゃぐ二階堂高嗣。゚(ノ∀`)゚。ゆうて3位でっせ?たいぴーだったら悔しい顔しまっせ?なんなのーもー好きだわー。゚(ノ∀`)゚。

 

顔がかっけぇフーーーゥ!先日、突撃隣のグローブ座〜セカロマ当日券の乱〜を決行したくらい好意を寄せている。好意を寄せたらとりあえずググる訳で、その過程で上田竜也氏のキャラ変の歴史を知った。

初めて上田くんを見たのは先日のジャニーズ大運動会。中丸くんを見て「ジョーだ!」と思い、上田くんを見て「うわぁ絵に描いたようなKAT-TUNだ♡」と喜んた。KAT-TUNのことは、ギリギリでいつも生きていたい人たち(2006年)程度にしか知らない。そんな私が抱いていたKAT-TUNのイメージは、まんま今のうえぴーのそれ。

KAT-TUNは現在充電期間だ。うえぴーは全身でKAT-TUNを体現することによってKAT-TUNを守ろうとしているんじゃないかって、だから素人の私は「絵に描いたようなKAT-TUNだ♡」という印象を受けたのかなって

 

 ここで文章は途切れている。そんなエモい話、これ以上好きになったら困る(時間・経済的な意味で)からちょっと蓋をして発酵させておこうという魂胆だろう。再び蓋を開ける頃にはKAT-TUNというグループのいい知らせが聞きたい。あと今更だけどMALICE MIZERの一員みたいなうえぴーも見てみたかった。なお上記は私の妄想なので、うえぴーが絵に描いたようなKAT-TUNスタイルになったことと充電はたぶん関係ない。うえぴーの趣味だと思う。似合ってる。格好良い。最&高。キャラ変の歴史を紐解きたいけどこれ以上好きになったら困るから(2回目)画像検索でサーッと流して終了。やっぱり上様かっこいい(ニヤ)

 

 

 

以上、気になるジャニーズ達へ好き勝手にワーキャー言うだけのラブレターでした。拝啓で始めたんだから〆はもちろん、

 

敬具

  

 

*1:ツアー、舞台、ソロコンが間髪なく行われる。おたくははしちゃんが心配。

*2:A.B.C-Zファン参加型MV

*3:言わずと知れたBerryz工房嗣永桃子さん。素晴らしいプロっぷりに嗣永プロと呼ばれている。